ハースF1のニキータ・マゼピン 「ミック・シューマッハをビビらせようとした訳ではない」
ニキータ・マゼピンは、F1アゼルバイジャンGPの最終ラップでハースF1のチームメイトであるミック・シューマッハへのディフェスのドライビングで“ビビらせる”つもりなどなかったと語る。

ニキータ・マゼピンに壁がある右側に押し込まれたミック・シューマッハは、チェッカーフラッグ後に無線で「彼は本気で僕たちを殺したいんじゃない?」と大声をあげた。

ミック・シューマッハの叔父ラルフ・シューマッハは、ニキータ・マゼピンのこの動きは“生命を脅かす”ものであり、レース禁止に値すると考えている。

メルセデスF1の元責任者であるノルベルト・ハウグも、ミック・シューマッハを擁護した。

「ミックは非常に合理的な男なので、彼が大声を上げるときには十分な理由があると思う」とノルベルト・ハウグは Sky Deutschland に語った.

「今回の場合、彼はチームの報告会でテーブルを叩いて、非常に大きな声で話すべきだ。彼がそうすることを願っている」

ニキータ・マゼピンは、これまでのF1キャリアの短い間、コース内外で物議を醸し、不人気だったが、ミック・シューマッハとの一件は単に「誤解」だったと主張sるう。

「F1では、誰もがトップクラスのレーサーなので、誰も他の人をビビらせようとはしない」とニキータ・マゼピンは sports.ru に語った.

「バクーでは、ミックがしていることに対しての僕の経験と予想に基づく単なる誤解だった」

「通常、ドライバーは追い越し時にインサイドラインを使用する。それがブレーキングに最適だからだ。確か僕がブロッキング操作を開始するのは遅かったけど、誰もがそうする」

「そして、ミックがアウトサイドに留まりたいとは思っていなかった。ミラーに映った彼を見たとき、僕はすぐに元のラインに戻った」


「でも、この瞬間はただの誤解だった。レース中の他の追い越しの動きと同じように、ミックは左に行くと思っていた。でも、彼は右に行った」

「おそらくその瞬間も影響を与えたのだろう。ファイナルラップだったし、それを塗装していなかった。でも、誰かをビビせようとしなかったことは確かだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニキータ・マゼピン / ハース / ミック・シューマッハ