ハースF1のニキータ・マゼピン、兵役逃れを否定
ハースF1のニキータ・マゼピンは、ロシア軍の予備役になることに引き続きコミットしていると語る。

ニキータ・マゼピンの父であり、ハースF1チームのタイトルスポンサーであるドミトリー・マゼピンは先週、ロシア軍が彼の22歳の息子に兵役義務を完了するよう要求していると不満を述べた。

ウラルケム社の代表であるドミトリー・マゼピンは「ニキータには今年23のレースがあり、彼は軍に入隊する必要があると言われている」と語った。

「彼は私に『お父さん、どうしたらいい? 2週間ごとにレースがある。誰も聞く耳をもたない』と言っていた」

この問題についてバクーで質問されたニキータ・マゼピンは、ロシア国民に対する義務から逃れようとしているのではないと主張した.

「ロシアでは、兵役に適した人には兵役が義務付けられている」とニキータ・マゼピンは説明した。

「2つの選択肢がある。1つ目は大学を卒業して1年間兵役に就くこと、2つ目は身体訓練と学業成績が十分であれば軍事訓練がある」。

「軍事訓練の場合、予備役として週に1日勉強する。訓練期間は3年だが、すべては教室で行われる」

「僕は軍事部で2年間勉強しているので、あと1年ある。その後、予備役になれると信じたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニキータ・マゼピン / ハース