中嶋一貴、ウィリアムズのシート喪失を認める
中嶋一貴は、アブダビGPがウィリアムズでの最後のレースになることをほぼ認めている。

中嶋一貴は、2年前にトヨタの支援を受けてウィリアムズに加入したが、チームは2010年はトヨタからコスワースにエンジンを変更する。

ウィリアムズは2日(月)にルーベンス・バリチェロとニコ・ヒュルケンベルグの起用を発表するとみられており、中嶋一貴はシートを探さなければならない。

来年もウィリアムズに乗っている可能性を聞かれた中嶋一貴は「とても低いを思います。おそらく今回が僕がチームで走る最後のレースでしょう」とコメント。

他チームへの移籍については「答えにくいですね。現段階でいえるのは、新チームと既存チームのいくつかと交渉しているということだけです」と語った。

交渉の結果がいつ出るかについては「わかりません。しばらく時間がかかるかもしれません」と答えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 中嶋一貴 / ウィリアムズ