【動画】 F1 70周年記念GP フリー走行2回目 ハイライト
2020年のF1世界選手権 第5戦 70周年記念GPのフロー走行2回目が8月7日(金)にシルバーストン・サーキットで行われた。

シルバーストーン2連戦の2戦目は、F1で初めて地理的な名前以外の名称が与えられた。1950年にシルバーストンでスタートしたF1世界選手権を記念して、『70周年記念GP』という名前がつけられている。

午前中のFP1では、ゼンドライバーが先週使用されなかったソフトタイヤのみで走行を実施するという珍しいセッションとなった。午後には気温30.6度、路面温度41.9度まで上昇し、ドライコンディションで90分のFP2セッションはスタートした。

フリー走行2回目のトップタイムはルイス・ハミルトンが記録した1分25秒606。2番手にも0.176秒差でバルテリ・ボッタスが続き、FP1と順序は入れ替わったが、メルセデスが1-2体制で初日のセッションを終えた。

3番手には0.815秒差でダニエル・リカルド(ルノーF1)、4番手には0.831秒差でレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが続いた。メルセデスとの間には大きなギャップが存在することに変わりはないようだ。

5番手にはランス・ストロール、6番手にはニコ・ヒュルケンベルグとレーシング・ポイントの2台が続いた。フェルスタッペンとストロールとの差は0.064秒の僅差であり、先週末はピリっとしなかったがピンクメルセデスが復調の兆しをみせている。

フェラーリの最高位はシャルル・ルクレールの7番手。チームメイトのセバスチャン・ベッテルは終盤のトラブルはあったものの、14番手と下位に沈んでいる。

ホンダF1エンジン勢ではレッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンが0.523秒差の11番手。相変わらずフェルスタッペンとの0.5秒の差は埋まらない。さらには12番手のダニール・クビアトに0.042秒、13番手のピエール・ガスリーには0.168秒に迫られており、マシンの改善が必要なことは明らかだ。

F1 70周年記念GP フリー走行3回目は、8月8月(土)の19時(現地時間11時)から行われる。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1動画 / F1イギリスGP