2019年 F1イギリスGP フリー走行2回目 動画
2019年のF1世界選手権 第10戦 イギリスGPのフリー走行2回目が7月12日(金)にシルバーストーン・サーキットで行われ、バルテリ・ボッタス(メルセデス)がトップタイムを記録。ルイス・ハミルトンも2番手に続き、メルセデスが1-2体制で初日のセッションを終えた。

午後のシルバーストーンは晴れ間も見え、現地時間14時の気温は21.4度、路面温度は31.7度のドライコンディションで90分間のFP2セッションはスタート。

序盤は大半のチームがミディアムやハードの硬い方のコンパウンドでマシンのセットアップを確認。午前中にピットレーンでスピンしてフロントウイングを壊したロマン・グロージャン(ハース)はハイドロ系のトラブルが発生してガレージで多くの時間を過ごしている。ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)もギアボックス問題で調査が行われ、ガレージでマシンがジャッキアップされている。FP1でエンジン系のトラブルが発生したキミ・ライコネン(アルファロメオ)は順調に走行を重ねている。

その後、各チームはソフトタイヤでのロングランにプログラムを移行。だが、バルテリ・ボッタスがスパークプラグのトラブルでガレージから出れないでいる。ロングランではルイス・ハミルトンはフェラーリよりも優れたペースを発揮しており、レッドブル・ホンダ勢は少し遅れをとっている。

残り15分に差し掛かったところでダニエル・リカルド(ルノー)がコース脇でストップ。突然スイッチがオフになったようだ。これでバーチャルセーフティカーが導入される。バルテリ・ボッタスがコースに出るがインスタレーションラップのみでガレージに戻った後、走行を再開する。

そんまま各チームがロングランをタイムシートは大きく動くことなくセッションは終了。トップタイムはバルテリ・ボッタスがセッション序盤に記録した1分26秒732。2番手にはチームメイトのルイス・ハミルトンが0.069秒差で続いてメルセデスが1-2体制。初日はハミルトンよりもボッタスの方がまとまっているようだ。

3番手はシャルル・ルクレール、4番手はセバスチャン・ベッテルとフェラーリ勢が続いたが、ロングランでそれほど良いタイムは発揮できない一日となった。

5番手にはレッドブル・ホンダのピエール・ガスリーがトップから0.517秒差となる1分27秒249を記録。マックス・フェルスタッペンはトップから0.830秒差の7番手タイムだった。

レッドブル・ホンダの2台に割って入る6番手タイムを記録したのが好調マクラーレンのランド・ノリス。チームメイトのカルロス・サインツも8番手につけている。トロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボンが9番手に続き、チームメイトのダニール・クビアトは11番手タイムだった。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1動画 | F1イギリスGP