ミック・シューマッハ 「F2王座を獲得してもF1シートは保証されない」
ミック・シューマッハは、たとえ今年F2チャンピオンを獲得したとしても、2021年のF1デビューが保証されているわけではないと語る。

現在、ミック・シューマッハは、F2でランキング首位に位置しており、フェラーリ・ドライバー・アカデミーのなかで人気・実力ともにトップ。ランキング3位以内に入れば、2021年にF1スーパーライセンスを取得できる

そのため、2021年にアルファロメオでF1デビューを果たすのではないかと広く噂されている。

「とにかく自分の仕事を続けるだけだ」とミック・シューマッハは RTL に語った。

「もちろん、それはF2ワールドチャンピオンになることを意味する。当然ながら、それに注意を向けている」

「でも、この時期にシートが確保されるのは当然のことではない」

また、ミック・シューマッハは、来月ニュルブルクリンクで開催されるF1アイフェルGPでアルファロメオの金曜フリー走行に出走するという推測についてコメントを拒否。それでも、7回のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハを父に持つ21歳は、ニュルブルクリンクが“ホームの一部”のようなものだと微笑んだ。

また、ミック・シューマッハは、これまでのキャリアでセバスチャン・ベッテルから“非常に助けてくれている”と語り、キャリアについて“1つか2つのヒント”をもらっていると明かす。

セバスチャン・ベッテルは、ミハエル・シューマッハに非常に可愛がられていた。

来週、ライバルであるメルセデスのルイス・ハミルトンは、そのミハエル・シューマッハが保有する91勝のF1最多勝利記録に並ぶ可能性がある。

セバスチャン・ベッテルは「ルイスにとってすべてがとてもシンプルなのは悔しいけどね」とセバスチャン・ベッテルは Sky Italia に語った。

「しかし、彼はこのポジションに身を置くために懸命に頑張ってきた。ルイスはこれらすべての成功に値する」

「でも、彼が私のヒーローにはなることはない。もちろん、ルイスのためにうれしく思うけど、ヒーローはずっとシューミだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ミック・シューマッハ / F2