ミシュラン
ミシュランは、戦略的なミスによってF1復帰のチャンスを逃したと報じられている。

F1 Racing によると、ミシュランは、2017年のF1復帰の契約を確保するために、ドライバーとチームの支持を確保していたという。

ピレリも契約を確保しようとしており、FIAはバーニー・エクレストンに金銭面について両社と話し合うことを許可した。

「ミシュランのボスは、彼らのアプローチを納得させるためにエクレストンの元を訪れ、会議はうまくいったと感じて去っっていた」

だが、そこでミシュランは“大きな戦略的なミスを犯した”と同誌は伝えている。

「情報源によると、ミシュランは彼らの提案をエクレストンに提示し、任命された際に商業条件を検討すると伝えたという」

「彼らは莫大なお金を支払う準備ができていたが、それはエクレトンのビジネスのやり方ではない。それが差し迫った入札の終了の説明がつく」

逆にピレリはその場で金額まで提示し、即座に契約をとりつけたのだろう。

実際、ピレリはエクレストンの支持を保持し、最終的にマルコ・トロンケッティ・プロヴェーラ会長が握手を交わしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ミシュラン