メルセデス・ベンツ SLC
メルセデス・ベンツは、新型SLCの概要を発表。2016年1月に米国で開催されるデトロイトモーターショー16で実写をする。

SLCは、メルセデス・ベンツの小型オープンスポーツカーである『SLK』の大幅改良モデル。

メルセデス・ベンツは、順次新しい命名方法を採用しており、SUV系は「GL」、4ドアクーペは「CL」、ロードスターは「SL」が頭に付き、そこに上位モデルから順に「S」「E」「C」「B」「A」の順で続く。

今回、大幅改良を機にSLKはSLCにネーミングを一新される。

エクステリアは、フロントマスクを中心に変更される。グリル、バンパー、ヘッドライトが新たなデザインとなり、グリルは最新メルセデスのスポーツモデルに見られるダイヤモンドパターンが採用される。リアは、バンパーやテールライトが新たなデザインなった。インテリアはSLKの基本デザインを継承。ステアリングホイールやセンターコンソールが新デザインに変更される。

欧州仕様ではは、ガソリンエンジンの「SLC180」、「SLC200」、「SLC300」、ディーゼルエンジンの「SLC250d」の基本4グレードで展開。SLC300は直噴2.0リッター 直列4気筒ガソリンターボの高出力版を搭載。最大出力245hp、最大トルク37.7kgmを発生する。トランスミッションは9速ATの「9Gトロニック」。0-100km/h加速5.8秒、最高速250km/h(リミッター作動)の性能を実現する。

Mercedes-Benz SLC SLC 画像

関連:メルセデス・ベンツ、2015年から車種の命名方法を変更 - 2014年11月12日

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス