メルセデスF1代表 「ミック・シューマッハは常にレーダーにいる」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ミック・シューマッハは「常にレーダーにいる」と将来の獲得の可能性さえあることを示唆している。

ハースF1チームで2年目を迎えたミック・シューマッハは、シーズン序盤に苦戦を強いられた。チームに復帰したケビン・マグヌッセンの活躍とは対照的に、マシンを大破させるクラッシュを2回起こし、シート喪失の危機が囁かれた。

それでも、トト・ヴォルフは、ミック・シューマッハを擁護していた。

トト・ヴォルフは、F1での将来を脅かしている一連の大きなクラッシュの中で、ミック・シューマッハの主な批判者の1人がハースF1チーム代表のギュンター・シュタイナーであることに驚いたことを認めた。彼の意見では、シュタイナーのアプローチは「完全に間違った方法」であると語った。

ミック・シューマッハの叔父であるラルフ・シューマッハも同意見だ。

「シュタイナーのスタイルはドライバーにとって難しいものだ」とラルフ・シューマッハは Sky Deutschland に語った。

「彼は非常に権威主義的なリーダーシップスタイルを持っている。私がF1時代であれば通用していたが、今日ではもはや適切ではない」

「ミックがフランツ・トストやアンドレアス・ザイドルのようなチームボスの下であれば、すでにポイントを獲得していることは十分に想像できる」とラルフ・シューマッハは付け加えた。

トト・ヴォルフは、ギュンター・シュタイナーのマネジメントスタイルについて、元F1レースウィナーであるラルフ・シューマッハに同意する。

「彼からプレッシャーを取り除かなければならない」とトト・ヴォルフはRTLに語った。

「ミックは頭が良く、運転できることは分かっているので、本能のままに運転させなければならない」

トト・ヴォルフは、ミック・シューマッハにこれ以上のクラッシュは許されないと警告するのではなく、「また壁にぶつかる可能性もあっても、ただ彼を行かせる」と語った。

「だが、彼はそれを学ばなければならない。そして、彼を信じなければならない」

ミック・シューマッハの将来に関するあらゆる騒動にもかかわらず、トト・ヴォルフは、23歳のシューマッハはまだF1で「長い道のりを歩む」ことができると考えている.

「シューマッハの名前があろうとなかろうと、ミックにはある種の強みがあり、それは彼が常に我々のレーダーにいることを意味する」とトト・ヴォルフは語った。

その後、ミック・シューマッハは、F1イギリスGPで8位入賞を果たしてようやくF1初ポイントを獲得。F1オーストリアGPでベストリザルトを6位まで上げた。

それでも、ミック・シューマッハのF1での将来はまだ定かではない。

2023年の現実的な選択肢は自分のハースF1チームをシート維持するしかないため、足元を見たハースF1チームは夏休み中の交渉を中止した。また、フェラーリ・ドライバー・アカデミーの一員であるミック・シューマッハのパフォーマンスについて、スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表であるマッティア・ビノットは感銘を受けていないとされている。

だが、ハースF1チームの代表であるギュンター・シュタイナーは2人の関係が強いことを断固として主張している。

「私とミックの関係は良好だ。問題はない」とギュンタ・シュタイナーは主張した。

かつてトト・ヴォルフはミック・シューマッハについて以下のように語っていた。

「ミックは間違いなくトップカーに座るポテンシャルを秘めているし、なぜメルセデスに乗ってはならないのか? だが、彼は自分の道を行かなければならない」

「ドライバーが経験を積み、大きなミスを犯さず、スピードを変えて初めて、トップカーで大きな成功を収めることができる」

メルセデスF1は、ルイス・ハミルトンと2023年まで契約を結んでいるが、いつまで7回のF1ワールドチャンピオンがF1キャリアを継続するかは分からない。過去にミハエル・シューマッハをF1に復帰させたメルセデスにとって、ドイツ人のミック・シューマッハは商業面でも堅実な選択肢となる可能性がある。

また、ウィリアムズF1チームのニコラス・ラティフィのシートは空くと考えられており、将来的を見据えてメルセデスがフェラーリからミック・シューマッハを奪い、メルセデスF1エンジンに乗せておくというシナリオもあながち否定はできない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ミック・シューマッハ