メルセデスF1代表 「率直に物を言えるベッテルはF1に必要な存在」
メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフは、友人のセバスチャン・ベッテルがF1で彼の場所にとどまることができることを望んでいる。

4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、アストンマーティンF1と2023年の契約について話し合っているが、F1にやや幻滅していることも明らかだ。

現在、セバスチャン・ベッテルは、パドックとヘルメットのカラーリングを定期的に使用して、さまざまな文化的活動に注意を向けてきた。そして、最近では、環境保護を促進するために多くのことをしていないとしてF1を非難している。

たとえば、F1イギリスGPの週末には自らが所有する1992年のウィリアムズFW14Bをシルバーストンに持ち込んで「カーボンニュートラル燃料」で走らせた。さらにポール・リカールでも1922年のアストンマーティンで同様のデモンストレーションを行った。

「今回はプロジェクトを準備する時間ははるかに少なかったが、それでもなんとかできた」とセバスチャン・ベッテルはBlidに語った。

「それが可能であることがわかったと思う」

「F1でもそうする可能性がある。ここの人々にはなぜそんなに遅いのか自問してみてほしい」と彼はビルト紙に語った。
「僕たちは常に自分たちが最高で最速だと主張しているけど、現代のテクノロジーより4年以上遅れている」

「世界には非常に多くの問題があるけど、お金と政治によって、実際に意味のあることをすることができないことがよくある」

「F1も例外ではない」

しかし、アストンマーティンF1チームでさえ、カナダで着用した「気候犯罪」ヘルメットなど、物議を醸す活動家キャンペーンを開始する前にチームとより緊密に相談するようにセバスチャン・ベッテルに依頼している。

しかし、メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフは、セバスチャン・ベッテルがF1に負けないことを望んでいる。

「我々が率直で知的な心を失うことになれば、それは残念なことだ。F1にそういった人は少なすぎる」とトト・ヴォルフはntvに語った。

50歳のトト・ヴォルフは、妻のスージーとその幼い子供を含む彼の家族がセバスチャン・ベッテルの若い家族と親しい仲でであることを認めている。

「家族は友達であり、私は彼の意見をとても大切にしている」とトト・ヴォルフは語った。

しかし、彼はF1についてはあまり話さないと語る。

「我々はスポーツよりも神と世界、環境、家族、育成について話している」とトト・ヴォルフは語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / セバスチャン・ベッテル