メルセデスF1育成のアンドレア・キミ・アントネッリがF4デビュー
メルセデスF1のジュニアドライバーであるアンドレア・キミ・アントネッリが15歳になる9月にイタリアF4選手権の最後の3ラウンドでプレマに加入し、シングルシーターデビューを果たし、

アンドレア・キミ・アントネッリは、カートにおいてWSK Champions Cup、ROK Cup in the Mini class、WSK Open Cup, Euro Series、Final Cup and Super Master Series in OKJ, WSK Euro Series and FIA European Championship in OKと、タイトルを総なめにしている。

2019年にメルセデスF1のジュニアドライバープログラムに参加したアンドレア・キミ・アントネッリは、シングルシーターへとレースキャリアの次のステップを踏み出した。

イタリア・ボローニャ生まれのアンドレア・キミ・アントネッリは、15歳になってからわずか数日でイタリアF4でデビューを果たす。

「イタリアF4選手権の最後の3レースでプレマに加入することを発表できて本当にうれしい」とアンドレア・キミ・アントネッリは語った。

「これは僕にとってエキサイティングな新しい挑戦であり、始めるのが待ちきれない。この素晴らしい機会を与えてくれたプレマとメルセデスに心から感謝している」

イタリアF4選手権の次のラウンドは、9月11日から12日にオーストリアのレッドブルリンクで開催。シーズンの最後の2つのイベントは、10月9日から10日にムジェロ、10月30日から31日にモンツァで開催される。

「アントネッリはカート競技で最も優れた展望の1つだ」とプレマのチーム代表を務めるアンジェロ・ロジンは述べた。

「彼は非常に幼い頃から感銘を受け、そこで目覚ましい成功を収めてきた。彼が新しい形のモーターレースに適応するのを見るのはわれわれ にとって非常に興味深いだろう」

「シングルシーターへの移行は、包括的に新しい経験であるため、決して簡単な作業ではない。そのため、移行の際に彼を支援する。彼の競争力のあるF4デビューを楽しみにしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス