メルセデスF1代表 「リスタートのハミルトンのステイアウトは正しい判断」 / F1ハンガリーGP 決勝
ルイス・ハミルトンは、F1ハンガリーGPの赤旗後のリスタート時にドライタイヤに交換するためにピットインしなかった唯一のドライバーであり、最後尾から挽回をしなければならなかったが、メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、正しい判断だったと主張する。

バルテリ・ボッタスのミスによる多重クラッシュによってF1ハンガリーGPの決勝は2周目の時点で赤旗中断となった。

赤旗期間中、路面は乾き始め、リスタート前のフォーメーションラップでドライバーが周回すると、ルイス・ハミルトンだけがインタミディエイトのままグリッドに向かい、それ以外の全員はドライタイヤに交換するためにピットイン。

結果として、ルイス・ハミルトン1台だけがグリッドに並んでレース再開という珍事となった。

1周を終えたルイス・ハミルトンは、ドライタイヤに交換するためにピットイン。レースウィナーとなったエステバン・オコンがトップに立ち、ルイス・ハミルトンは最後尾からの追い上げを余儀なくされた。

しかし、トト・ヴォルフはその判断は正しかったと主張する。

「正直、我々は完全に正しいことをしたと思う」とトト・ヴォルフはレース後に語った。

「他の方法をやろうとした者はチームには誰もいなかった。先頭車は決断が常に難しく、ピットインが1人だけの場合は最後に出ることになる。全員がピットインするのでピットスタンドから出るのは難しい」

「このようなことは起こる可能性がある。私はステイアウトする決定を完全に支持しチエル。そして、それが私が元気である理由だ」

「先頭車としてギャンブルをして、悲惨な結果をもたらすこともできたと思う。それが起こった場合、人々は我々が間違いを犯したと言っただろう。正しい決断だった」

ルイス・ハミルトンは、フェルナンド・アロンソとの4番手での記憶に残るバトルの後、フェラーリのカルロス・サインツを攻撃して、64周目に最後の表彰台を手に入れた。レース後、ハミルトンは、メルセデスが自分をインターミディエイトでスタイアウトさせた理由を「本当に理解していない」と認める。

「僕たち全員がインターでスタートした。そして、フォーメーションラップを通して、僕はひたすたチーム情報を与えていた。すべてのコーナーが乾いていたし、彼らに「ドライ、ドライ、ドライ、ドライ」と言い続けたけど、彼らはステイアウトとだけ言った。

「よく分からないけど、間違いなくミスだと思う。でも、僕たちはチームとして勝ち、チームとして負ける。僕たちは一緒にミスの重荷を背負い、戦い続けている。チームはピットストップを活かした戦略で素晴らしい仕事をしたし、とにかく僕はそれをうまく機能させる必要があった」

「それで、レース全体で全開だったし、タイヤの温度など非常にハードだったけど、それでも、それを楽しんだ」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス