F1:予算上限違反へのスポーティングペナルティに3チームが反対票
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、予選上限への違反にスポーティングペナルティを追加することに3つのチームが反対票を投じたことを明かした。

2021年のF1世界選手権では、シーズンごとに1億4500万ドルの新しい予算制限がチームに課された。これは、2022年には1億4000万ドル、2023年には1億3500万ドルに削減される予定となっている。

予算上限を採用する他のスポーツの場合と同様に、競技者がその範囲内で活動することを保証し、遵守しない場合の制裁措置を決定することに関しては、まだF1で課題となっている。

しかし、トト・ヴォルフは、3つのチームがF1コミッションの会議中に予算上限違反に対するスポーツペナルティの導入を拒否したと述べた。

報道によると、その3チームはレッドブル、アルファタウリ、そして、フェラーリだと考えられている。

「10チーム中7チームの大規模なチームグループが、金銭的上限違反に対するスポーツペナルティの導入に賛成票を投じた」とトト・ヴォルフは述べた、

「現時点では、罰金だけだ。そして、3つのチームが反対票を投じ、『我々は金銭的なペナルティを受けるが、スポーツティングペナルティは受けたくない』と述べた。

「それは少し奇妙だ。だが、我々が今達成した妥協点は、その理由と彼らがどのレギュレーションが不完全または不快であると感じているかを理解することだと思う」

トト・ヴォルフは、すべてのチームが“数週間”以内に金銭的と技術的な侵害に対して同じ扱いを受け入れることを望んでいると語る。

「我々が設定した目標は、数週間でそれを整理し、スポーティングペナルティに関して、金融キャップ規制違反は技術的違反とまったく同じように見られるべきであることを誰もが理解することだ」とトト・ヴォルフは語った。

レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャンホーナーは、予算上限に従わなかった場合の罰則は「すでに明確」であるとし、進行中の話し合いは実際には「手順」についてであると語った。

クリスチャン・ホーナーは、その理由としてこれらはまだ洗練されている新しい規制であることを挙げ、すべてが“1か月以内”に明らかになることを望んでいると語った。

「現在、新しい一連のレギュレーションであるため、すべてが整理されている手順についての議論がある」とクリスチャン・ホーナーは付け加えた。

「1か月以内に、手順の面ですべてが明確になることを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / フェラーリ / レッドブル / アルファタウリ