メルセデスF1、2022年にフェルスタッペン&ラッセルの可能性も?
メルセデスF1がルイス・ハミルトンと2021年をカバーする1年契約しか結ばなかったことは、チームの2022年のドライバーラインナップについて早くも推測を生んでいる。WTCRドライバーのトム・コロネルは、マックス・フェルスタッペンとジョージ・ラッセルというコンピの誕生を予見している。

メルセデスF1がルイス・ハミルトンと1年契約しか結ばなかったことは以外だった。その理由に挙げているが、チームは新型コロナウイルスによる混乱とハミルトン自身の感染による交渉の遅れによって、契約締結を先決させたと説明しているが、それを鵜呑みにしている者は少ない。

トム・コロネルは、交渉の遅れと1年契約は両者の間に意見の相違があることを示すサインだと見ている。

「ハミルトンは強く出過ぎ、自分の市場価値を何よりも優先した。それは決して良いことではない。待合室には彼のシートを引き継ぐために多くのドライバーが待機していることを忘れてはならない。メルセデスには選択できるドライバーがあいる。非常に才能があり、チャンピオンを獲った若いドライバーがね」とトム・コロネルは RacingNews365 に語った。

「もし誰かを長い間紐に繋いでいたなら、私でも逆に同じことをしただろう。ルイスはゲームを仕掛ければ、愛てチームもそうするだろう」

「両当事者が99%で合意した場合、数年間の契約にサインするはずだ。愛はもうそこにはない。今年一緒にレースをするために彼らはワインに大量の水を入れなければならなかった。彼らは数か月後には再び交渉を開始しなければならない」

「メルセデスはすべての選択肢をオープンしておきたい。それは明らかだ。彼らはルイスの高い給料要求に同意しないと思う。以前は多額のお金を要求できたが、今は時代が異なる。ルイスもそれを認識しなければならない。世界で何が起こっているか見てみればいい、おそらくそれほど多くのお金を求めることはできないだろう。メルセデスには年間4000万ドルを稼ぐ人はいないし、なぜ彼に支払うのかスタッフにそれを説明することはできない。会社は危機の中で厳しい状況にあり、他の人々は給料を減らされるか、仕事を失わなければならない。純粋にそれを正当化することができない」

7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンのジュンスさんは約3億ドルと見積もられているが、給与は依然として重要な出発点であるとトム・コロネルは語る。

「お金はすべての契約の基礎を形成しているし、それについて長く話すことも、短く話すこともできる。それに同意するなら、すでに取引の80%は完了している。そうでなければ、そこに問題があること以外に考えられない」

トム・コロネルは、1年契約はルイス・ハミルトンの願いではなく、メルセデスF1によって促されたと関あげている。

「実際、1年契約は彼の選択ではない。辞めたければ、いずれにしろそうするものだし、チームとしてドライバーにレースを義務付けることはできない。それが終われば、終わりだ。そして、彼の年齢になると、そのモチベーションも突然消えることがある。ミカ・ハッキネンとニコ・ロズベルグにそれを見たと思う。なぜルイスは辞めないのか? 彼は何のためにそれをしなければならないか? 今年、彼は孤独な高さにいる」

「私はルイスを理解している。彼は7回のワールドタイトルを持っており、すべてを与えられている。彼はメルセデスと一緒にF1外で自分の将来を見据えることを期待している。ブランドのアンバサダーになり、他のプロジェクトに参加し続けることは良いことだと思う。メルセデスがもはや支払いたくない彼の以前の給料の一部を基金に持っていたのは良いことだと思う。それはルイスが世界の他の地域についても考えていることを示している。」

絶対王者であるメルセデスは、今ではすべてのドライバーが運転したいというチームであり、ドライバー選択には駒わない。2022年には何人かの若いドライバーが獲得可能となり、トム・コロネルはすでにドリームチームを描いている。マックス・フェルスタッペンはその一部であり、トム・コロネルによれば、フェルスタッペンはルイス・ハミルトンの夢の後継者となるドライバーだ。

「ブランドに関係なく、すべてのドライバーは最速の車を望んでいる。ルイスが契約にフェルスタッペン条項を望んでいるというのはただの噂だけではなかった。サブトップチームを離れて、2番手のフィドルをプレイすることが許可されていない限り、チームメイトとしてフェルスタッペンを望んでいる人はいないと思うし、理解している」

「この状況はメルセデスにとって理想的だ。チームを作りたければ、とにかく2022年にジョージ・ラッセルを選ぶことだ。彼は若くて、まだ示せてはいないが、才能はある。彼の隣にマックス・フェルスタッペンを置くことがチームの未来を築く場所だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / マックス・フェルスタッペン / ジョージ・ラッセル