メルセデスF1、カスタマーに信頼性の低いPUを供給との見方を否定
メルセデスF1は、2020年のF1世界選手権でカスタマーチームに信頼性の低いパワーユニットを供給していたとの見方を否定した。

メルセデスのカスタマーエンジンを搭載するウィリアムズとレーシング・ポイントは、ワークスチームよりも頻繁にエンジンの問題に対処しなければならなかった。セルジオ・ペレスとジョージ・ラッセルは、エンジンの使用基数制限を超過したことによってグリッドペナルティを科せられた。

だが、メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、カスタマーチームに異なるパワーユニットを供給していたとの見方を否定した。

「我々自身のエンジンがカスタマーチームに供給するエンジンよりも信頼性が高かったとは思わない」とトト・ヴォルフは Autosprint に語った。

「2016年、ハミルトンはエンジンの技術的な欠陥のためにタイトルを失った」とトト・ヴォルフはF1マレーシアGPでエンジンが出火したことに言及。

「過去2年間でさえ、メルセデスの信頼性に関して多くのことが起こった」

トト・ヴォルフによると、メルセデスのカスタマーチームの故障はパワーユニットを介して発生したものではないという。

「我々のマテリアルは、カスタマーチームに提供したマテリアルと同じだ。ただし、パワーユニットの冷却システムは、チームが独自に開発しているため、違いがある。それが違いを生んだ可能性がある。近年、ウィリアムズは我々よりも優れた冷却システムを備えていた」

メルセデスF1は、2020年のF1世界選手権で15勝、13回のポールポジションを獲得。最終戦では出力を下げることを余儀なくされたが、パワーユニットの信頼性について不満を抱くことはなかった。

しかし、レーシング・ポイントは、F1バーレーンGPで表彰台圏内をセルジオ・ペレスが残り3周でメルセデスエンジンから炎が上がり、大量ポイント獲得のチャンスを逃した。

「もちろん、セルジオがリタイアするのを見るのは辛かったが、カスタマーチームが利用できる機器が我々が走らせている機器と同じであることを改めて確認したい」とトト・ヴォルフは語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ウィリアムズ / レーシングポイント