メルセデスF1、2021年型のF1エンジンですでに20馬力アップを達成
レッドブルは、ホンダのF1エンジンで戦い続けるために現在のエンジンを2022年から凍結することを望んでいるが、メルセデスは当分の間着実に開発を続ける。メルセデスF1は、パワーユニットを大幅に改善できると考えており、2021年までにさらに20馬力を発見することさええると報じられている。

メルセデスが今シーズンにむけてエンジン出力を飛躍的に向上させたことで、F1パドックではもうメルセデスは現在のエンジンからそれ以上を引き出すことはほとんどできないという見方が広まったが、報道によると、メルセデスはそうは考えていない。

イタリアメディアの報道によると、メルセデスは、すでにテストベンチで現行バージョンよりも0馬力と比較的大きな前進を果たした強力なパワーユニットを走らせているという。

さらに、彼らはシュトゥットガルトのファクトリーで新しい素材にも取り組んでおり、これによりエンジンの出力が向上する。伝えられるところによると、燃焼室もオーバーホールされており、これによりエンジン出力も増加するという。

メルセデスが現在エンジン分野で実際に大きな進歩を遂げているとすれば、これはライバルにとって悪いニュースだ。

特にレッドブルは、現在のエンジン仕様を2022年までに凍結し、2021年末までにホンダからF1エンジンを引き継ぐことができるようになるまでほぼギャップがないようにしたいと考えている。

来シーズン、ホンダは2022年にむけて開発を進めていたF1エンジンを前倒しして導入するとしており、レッドブルとホンダは2021年に大きな飛躍が見込まれると語っていた。

だが、2022年からレッドブルはエンジンを自社でそれ以上開発することはできない。したがって、各メーカーの出力がほぼ同じである場合のに、エンジン開発凍結の恩恵を受けることはできない。メルセデスが開発において大きな進歩を遂げていることが事実であるならば、他のメーカーは凍結に反対するだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス