メルセデスF1、レッドブルのホンダF1エンジン引き継ぎ計画を支持
メルセデスF1は、2022年からホンダのF1エンジンを引き継いで自社で開発していくというレッドブルの計画を支持している。

2021年限りでホンダがF1撤退を決めたことにより、レッドブル・レーシングは困難な状況に陥っている。新たなパートナーを見つけられない限り、レギュレーションに従ってルノーのF1エンジンを搭載することになるが、両者はそれを望んでいない。

レッドブルは、ホンダのF1パワーユニット技術と運用に関する知的財産権の引き継いで自社でエンジンプログラムを進めてくことを望んでいるが、ホンダとの合意の他にも、2022年からエンジン開発が凍結されなければコスト的に計画を進めることはできなとしている。

従って、レッドブルが自らそのプランを実行をするという決断は下せない状況にあり、そのためにはFIA(国際自動車連盟)と他チームのサポートが必要となる。

興味深いことに、メルセデスはレッドブルの計画に賛成すると発言している。

「理論的には、F1は3社のエンジンサプライヤーで対応できるが、もちろん、4社の方がはるかに優れている。特に我々に置き換えて考えれば、我々はレッドブルの立場は理解できるし、彼らがカスタマーチームに戻ることを望んでいないことも理解できる」とトト・ヴォルフは語った。

「当然、レッドブルはファクトリーチームであり続け、物事を最適化したいと考えている。ホンダのパイプラインには、エンジンがさらに良くなるという自信を与える何かがあるかもしれない。我々はレッドブル・レーシングにその機会を与えるためにできる限りのことをする必要があると思う」

トト・ヴォルフは、すべてのチームが最良の取引をしようとしていることを理解していると語る。

「F1では、経済的にもスポーツ的にも誰もが自分のために最善の取引をしようとするものだ。これが彼らの現在の立場であり、私はそれとうまくやっていけると思っている。顧客チームになったとしても、ホンダのプロジェクトの一部に資金を提供したとしても、もしくはホンダのプロジェクトを引き継ぐとして、うまくやっていけると思う。私はそれらすべての決定を支持することができる」

「彼らが他のブランドとの軍拡競争を始めて多額のお金を費やしたくないことはよく理解している。それは彼らからの合理的な提案であり、それを支持したいと思う。また、レッドブルはスポーツにとって非常に重要なブランドであり、両方のチームがF1を維持するためにできる限りのことをする必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / レッドブル / ホンダF1