メルセデスF1、レッドブルの警告に動じずオーストラリアGPでDASを使用
メルセデスF1チームは、レッドブル・ホンダが合法性について異議を申し立てる恐れがあるという理由だけで、DAS(デュアル・アクシス・ステアリング)の優位性を放棄するのは“不合理”であるとし、F1オーストラリアGPでDASをレースで使用するつもりだと述べた。

メルセデスF1チームは、F1バルセロナテストでDASシステムをデビューさせた。

ドライバーがステアリングを押し引きすることでフロントタイヤのトー角を調整するこのシステムはコーナーでアンダーステアを抑え、ストレートでは空力的な利点があり、タイヤの過熱をよりうまく制御できると想定されている。

FIA(国際自動車連盟)は、DASシステムはサスペンションではなくW11のステアリングメカニズムにリンクされているため、アクティブサスペンションには該当せず、合法であると裁定し、メルセデスは合法であると自信を持っているが、レッドブル・ホンダF1はシステムの合法性を確信していない。

レッドブル・ホンダF1のモータースポーツは、メルセデスがF1オーストラリアGPでDASをレースで使用した場合には抗議すると警告している。

「我々にとって、システムはルールに準拠していない」とヘルムート・マルコは F1-insider.com に語った。

メルセデスF1チームは、決して動じてはいない。広報担当はルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスがF1オーストラリアGPでDASシステムを使用すると断言。抗議の脅威のためにその利点を放棄することはないと語る。

「シーズンはまだ始まったばかりであり、どんなに小さなアドバンテージでも、レッドブル・ホンダやフェラーリに対して得られるあらゆるアドバンテージを放棄するのは不合理だ」とメルセデスF1チームの広報担当は Auto Motor und Sport にコメント。

「それが理由で我々は抗議の危険があっても、我々のマシンでDASシステムを使い続ける」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / レッドブル