メルセデスF1、DASシステムが2021年に禁止になることを承知で出し抜く
メルセデスF1がF1バルセロナテストで導入した『DAS(デュアル・アクシス・ステアリング)』は、FIA(国際自動車連盟)によって全面的に禁止になることを承知の上でライバルを出し抜いて開発されたようだ。

メルセデスF1は、F1バルセロナテスト2日目にDASと呼ぶ革新的なステアリングシステムを導入。ストレートとコーナーでステアリングホイールを押し引きすることでフロントホイールのトー角をトーイン、トーアウトに調整することでそれぞれの利点を生かすことが目的だと考えている。

このメルセデスの秘密兵器は他チームにスクランブルを引き起こし、2020年F1マシンに同様のシステムを実装できるかを検討し始める可能性もあるが、DASシステムは2021年の新レギュレーションでは禁止されることになっており、考え直しているかもしれない。

メルセデスは、FIAが2020年に導入を予定しているレギュレーションがDASのようなシステムを禁止することを知って、事実上ライバルの裏をかくかたちで今シーズンにこのシステムを導入してきた。今年は2020年と2021年の開発を平行して実施しなければならず、リソースと資金配分が難しい一年となっている。

2021年のF1技術規則の第10.5条には「ステアリングホイールの再調整は、互いに一定の距離を維持する関連するサスペンションメンバーのインボードアタッチメントの位置によって定義され、単一のステアリングホイールの回転位置の単調関数によって一意に定義されなければならない」と記されており、この文言はDASの終わりを意味する。

F1のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、2021年のF1レギュレーションではあるチームが抜け穴を悪用した場合、FIAはそれを禁止にする変更をほぼ即座に実行することができるようになると述べている。

が、1つのチームがこれまで考えもしなかったソリューションで際立っており、やろうとしている原則全体を破壊している場合、他のチームから十分なサポートがあれば、ガバナンスはそれを禁止することができる。これはまったく異なる哲学だ」

「抜け穴があると考えた人は『それを使いたいか、それともFIAに意図していないものだとして伝えたいか?』ということが起こる。レギュレーションに抜け穴を見つけ、最初のレースに出場した場合、FIAは「申し訳ないが、それは意図されていなかったことだ。我々はこれからミーティングを開催する。あなたを除く全員が合意すれば、我々はそれを禁止する』と言うことになる」

「選択肢は何か? 1年間それを我慢して受け入れて素晴らしくない競争をするか、もしくはそれを変更して正し、競争を元の場所に戻すかだ。禁止される可能性があるとわかっている解釈でチャンピオンシップに参加するリスクをとるだろうか? したがって、進化とそのようなものを発展させる方法は異なる。哲学が異なる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス