F1 メルセデス ルイス・ハミルトン
メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンがチームに加入したときにはまだダイアモンドの原石であり、チームとともに大きな成長を遂げたと語った。

ルイス・ハミルトンは、マクラーレンでのデビューシーズンにわずか1ポイント差でF1ワールドチャンピオンを逃したものの、翌年には初タイトルを獲得し、マクラーレンとの6シーズンで21勝を挙げた。

その後、メルセデスに移籍したルイス・ハミルトンは、チームとの7年間で4回のF1ワールドチャンピオンと60勝を挙げている。

トト・ヴォルフは、メルセデスはルイス・ハミルトンのポテンシャルを解放するために必要な環境を提供したと語る。

「彼はチームの不可欠な部分であり、レーシングドライバーとして成長してきたが、人間としてはさらに見事な成長を遂げた」とトト・ヴォルフはコメント。

「彼がマクラーレンから加入したときは、ある意味でダイヤモンドの原石だった。彼の人生に厄介な問題な問題があったのはご存じだと思うし、、必要なものを理解する安定性に欠けていたかもしない」

「そのすべては、メルセデスとの年月で消し去られた。毎年、彼はより良いルイスになり、過去数年では不幸を避け、ミスはとんど見られなかった。彼はそれらを認めた最初の人物であり、それからはお互いに本当に正直になるという我々の文化に貢献した」

トト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンにF1以外の関心を追求する能力を与えることが、マシン最大限に活用するための中心になっていると語る。

「我々は人を箱に押し込むんで、これがレーシングドライバーとしてあるべきかことだと言うのはやめる必要があると思う。簡単に言えば、ヘルメットの奥にいる人間を理解しようと努力し、その人に最適なフレームワークを切り開き、最高のパフォーマンスを発揮するように努めるということだ」

「ルイスは、音楽やファッションなど他のことにも興味を持っていると思う。楽しい時間を過ごすことは、彼のレーストラックでのパフォーマンスにとって非常にポジティブで重要なことだと思っている。我々は何をするかについてお互いに非常にオープンだ。Facetimeやビデオを送信している。彼にとって非常に良い場所にいると感じている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ルイス・ハミルトン