F1 メルセデス ルイス・ハミルトン
メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンに自分のことをして、PR活動を強制しないことを許していることが6度目のタイトル獲得に役立っていると語る。

2008年にマクラーレンでF1ワールドチャンピオンを獲得していたルイス・ハミルトンは、2013年にメルセデスに移籍。そこからさらに4度のF1ワールドチャンピオンを獲得し、今年も6度目の王座にむけて順調にシーズンを過ごしている。

ルイス・ハミルトンは、ライバルとは異なるライフスタイルを送っている。F1だけが唯一のビジネスではなく、数日間はF1から離れてファッションや音楽などにも幅を広げて世界中を飛び回っている。

トト・ヴォルフは、それがルイス・ハミルトンの成功の鍵だと考えている。

「最も重要なことは、我々全員が異なる個人であり、うまく機能するためには異なるフレームワークが必要であることを認識することだ」とトト・ヴォルフは BBC Sport に語った。

「ルイスは他の野心と利益を追求することができる必要がある誰かだ。そして、誰かを箱に入れて『レースドライバーとしてこのように振る舞う必要がある。あなたは時間通りに動いて、レースの前に時差ぼけを避ける必要がある。時差ぼけのときには夜に音楽を録音せずに寝なさい』と言うのではなく、彼の興味を追求する自由を与えることでコース上でもっと多くのパフォーマンスを引き出せることに非常に早い段階で気付いた」

「彼はモーターレースから気持ちを離さないければならないという気持ちがある。彼を興奮させるようなファッションショーをしたり、音楽を録音したり、あるいは友達とスノーボードをしたりすることができれば、彼はレース面について忘れ、より強く元気に戻ってくることができる」

「我々全員が異なる方法で機能することを受け入れることができるようにする必要があることを以前の役割で認識していた。時には最も創造的な人々、他人を凌駕し、異なる高度でパフォーマンスできる人々は違う人生を送っているだ。そしてそれを受け入れるできる必要がある」

「英国の人気のあるスポーツで非常に類似したものを考えた場合、ラグビーではチームを成功させるための堅実なチームメンバーが必要だ。しかし、天才がトライを得点していることを認識する。そして、これらは時々プロセスを必要とする構造に統合するのが容易ではないものだ」

「しかし、ルイスに関しては、我々は彼が大好きで、明らかに絶対的に優れたアスリートだ。彼を組織に埋め込むことができた。そして、彼は我々を奮い立たせ、一緒に引きずり込むことができた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: メルセデス | ルイス・ハミルトン