F1 ジョージ・ラッセル メルセデス
メルセデスの育成ドライバーであるジョージ・ラッセルは、若手ドライバーがシートを獲得できるようになるにはF1には少なくともあと2チームは必要だと考えている。

現在、F2のチャンピンシップリーダーであるジョージ・ラッセルだが、2019年にF1シートを獲得するのは難しいと考えられている。一方、ランキング2位のランド・ノリスはマクラーレンでのF1デビューが決定している。

ジョージ・ラッセルは、若手ドライバーがF1グリッドに割って入るのはあまりに難しいと考えている。

「現在、F1は少なくとも2チームは足りないと感じている」とジョージ・ラッセルは Autosport にコメント。
「グリッドには20台しかないし、若手ドライバーがその20台に入り込むのはかなり難しい」

メルセデスがパワーユニットを供給するチームでは、ウィリアムズにまだ2019年に空席ができる可能性が残されている。しかし、その場合、同じメルセデスドライバーであるエステバン・オコンとシート争いをすることになる。

メルセデスのF1チーム代表であるトト・ヴォルフは、各チームが3台目のF1マシンを走らせられることが若手ドライバーのための解決策だと繰り返し述べている。ジョージ・ラッセルもトト・ヴォルフの意見に賛成だと語る。

「3台目のマシン、あるいは大筋でそのような考え方は、とても良いアイデアだと思う」とジョージ・ラッセルはコメント。

「ペイドライバーがF1に乗っているのを見るかもしれないし、ホームレースのあるドライバーが入ってくる可能性もある。アジア人ドライバーは、アジアのレース、アメリカ人ドライバーはアメリカのレースといった具合にね」

「メルセデス、フェラーリ、レッドブルのようなチームには、彼らの若手ドライバーを大きな問題なく乗せるチャンスを与えられる」

現在、F2選手権でジョージ・ラッセルは2ランドを残してランキング2位のランド・ノリスに22ポイント差をつけている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / F2 / ジョージ・ラッセル