メルセデス
メルセデスは、F1モナコGPの大失態を受け、今後はデータへの依存度を下げて、人為的なインプットをもっと取り入れていくとしている。

F1モナコGPの終盤で余計なピットストップによってルイス・ハミルトンが確実だったはずの勝利を逃して以来、メルセデスは失敗の原因を懸命に分析し続けている。

メルセデスのモータースポーツ責任者トト・ヴォルフは「全てのデータを見直し、選択肢を再検討し、次のような結論にたどり着いた」と Bild に語った。

「もし、今後モナコと同じような状況が訪れたら、データやコンピューターに頼らず、ロジックと常識で決断する」

ところが、セーフティカー中にピットインすることになった背景には、ルイス・ハミルトン自身のインプットがあった。

メルセデスは、初めはコースにとどまるよう指示したが、ルイス・ハミルトンが無線で「ステイアウトがベストだっていうのは確か?」と反論している。

「タイヤはすっかり温度を失ってるし、他のみんなはオプションを履くんじゃない?」

そして、メルセデスは「OK、コピー、コピー(了解したの意味)。ボックス、ボックス(ピットに入れ)」と返答している。

これについて、メルセデスの広報担当は「ルイスのインプットもあったが、決定を下したのは我々だ。計算を間違えてしまった」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス