【動画】 マクラーレンF1 MCL35 ~空力コンセプトを一新~
マクラーレンは、2020年のF1世界選手権を戦うF1マシン『MCL35』を2月13日(木)に発表した。

昨年、コンストラクターズ選手権4位という大躍進を果たしたマクラーレン。2020年はF1レギュレーションが安定しているが、ジョームス・キーが初めて主導するマシンとなるMCL35は、昨年マシンの進化型ではなく、大きく空力コンセプトを変更したマシンに仕上がった。

変更点はフロント周りから明らか。フロントウイングは昨年とは異なりフェラーリと類似した“アウトウォッシュ”型に変更。ノーズはメルセデスのようなナローな形状となり、コックピット手前は大きくザクられている。

バージボードは複雑化し、流行の“ブーメランベーン”も備えられている。サイドポッドもそれほど小さくなく、シンプルで滑らかなリアへの流れが逆にマクラーレンらしいマシンと言える。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / F1マシン