オリバー・ターベイ
マクラーレンは、アブダビ若手ドライバーテストで、オリバー・ターベイがテストドライバーのゲイリー・パフェットとマシンをシェアする。

今年GP2に参戦するオリバー・ターベイは、昨年も2006年のMcLaren AUTOSPORT BRDC Awardのご褒美としてマクラーレンから若手ドライバーテストに参加している。

マクラーレンのマネージングディレクターを務めるジョナサン・ニールは、後半のタイヤテストでブリヂストンからピレリにタイヤが変更になる前のベンチマークのために重要な役割を果たすことになると述べた。

「ゲイリー・パフェットとオリバー・ターベイがアブダビのテストでボーダフォン・マクラーレン・メルセデスをドライブすることを発表する」とジョナサン・ニールはコメント。

「目標はブリヂストンタイヤでのベンチマークを得て、その後の(ピレリタイヤテストで)ピレリタイヤについてできるだけ早く速く学べるかを見ることだ」

今年GP2に初フル参戦したオリバー・ターベイは、現在ランキング7位につけている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン