パトリシオ・オワード、ピアストリ騒動で「F1参戦は幻想だったと悟った」
マクラーレンのインディカードライバーであるパトリシオ・オワードは、オスカー・ピアストリを巡るストーリーによって、自分がF1に参戦できる可能性は遠い幻想だったと悟ったと方r。

オスカー・ピアストリは、2023年にアルピーヌF1チームでフェルナンド・アロンソの後任を務めるオファーを拒否。マクラーレンF1チームに移籍するようだ。

この動きは、ダニエル・リカルドのマクラーレンF1との2023年の契約に影響を与え、マクラーレンはリカルドとの契約を早期に終了するために2100万ドル(約28億円)の和解金を支払うことになる可能性がある。

この物語のもう1つの影響は、マクラーレンが買いあさったドライバーたちにも波及している。

オスカー・ピアストリ/マクラーレンの爆弾が明るみに出て以来、パトリシオ・オワードとコルトン・ヘルタのF1シート獲得のチャンスは激減している。

コルトン・ヘルタはアンドレッティ・オートスポーツ、パトリシオ・オワードはアロー・マクラーレンSPからインディカーに参戦しているが、どちらのドライバーもマクラーレンF1チームと契約を結んでF1カーをテストしている。

オスカー・ピアストリによって事実上シャッフルされたパトリシオ・オワードは、F1での将来のドライブの可能性を忘れることにしたようだ。

「そのような幻想を抱くことは僕にとって何の役にも立たない」とパトリシオ・オワードはESPNに語った.

「その錯覚がとても遠い錯覚だと悟っている点で僕は成熟したと感じている」

「僕は非常に高いレベルで運転しているけど、それでも彼らを納得させることはできない」

「そこにもっと多くのことや政治があり、僕にはコントロールできないことがたくさんある。それは僕が決してコントロールすることはできないことだし、そこから離れなければならない。幻想と結婚しても何の意味がないからね」

パトリシオ・オワードは、オスカー・ピアストリとマクラーレンF1チームの契約騒動は笑いたくなるようなものだと考えており、今は、インディカーに焦点を合わせていると語る。

「それについて考えさせられた唯一のことは、純粋な笑いだ」とパトリシオ・オワードは付け加えた.

「僕がその一部ではないということではない。確かに僕はその一部だ。でも、真実は、非常に多くのことが変化し、さらに変化しているということだ…僕は同じポイントに到達いるし、そういったストレスを抱えることはどんな役に立つだろうか?」

「真実は、今年の初めから、僕はそれをやめて、それについて考えるのをやめたということだ。なぜなら、そのアイデアはあなたを興奮させるからだ。誰もが諦めたくないと思っているのはその幻想が理由だ」

「でも、僕は頭の良い男だし、物事がどのようにサインアップしているかを知っている。そのような幻想を抱くことは僕にとって何の役にも立たない」

「そして、僕はインディカーが大好きだ。成長したいし、メキシコに行って、グローバルになりたいと思っている。すべてが成長し続けるのを助けたいと思っている。そこには計り知れないポテンシャルがあるからね」

パトリシオ・オワードは、アロー・マクラーレンSPとのインディカー契約の2025年まで3年間契約している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / インディカー