マクラーレン・レーシング、ローゼンクヴィストとの契約を延長
マクラーレン・レーシングは、フェリックス・ローゼンクヴィストと2023年まで契約を延長。インディカーもしくはフォーミュラEのどちらかのチームに割り当てる可能性を示唆した。

最近、アロー。マクラーレンSPは、パトリシオ・オワードのチームメイトとしてフルタイムでレースをドライバーとしてアレクサンダー・ロッシと契約したが、3台目のエントリーを追加することを検討している。

一方、マクラーレンは、先月メルセデスのフォーミュラEチームを買収して、来季からフォーミュラEに参戦する。現在、メルセデスEQチームは、ニック・デ・フリースと元マクラーレンのF1ドライバーであるストフェル・バンドーンを起用しているが、新生マクラーレン・フォーミュラEチームとしてシーズン9にどのランナップを起用するかは明らかにしていない。

フェリックス・ローゼンクヴィストは、インディカーに転向する前にマヒンドラからフォーミュラEに2シーズン参戦しており、同シーズンに戻る機会を歓迎している。

「来シーズン、チームがフォーミュラEに進出することで、アメリカとヨーロッパの両方に僕が加わる機会を提供する。今後数週間で僕の計画を発表できる立場になることを楽しみにしている」とフェリックス・ローゼンクヴィストは語った。

「インディカーのアロー・マクラーレンSPチームで7号車を運転するのが大好きだし、今年初めにテキサスでポールを確保したり、インディ500で4位になるなど、素晴らしい瞬間を一緒に過ごてきた」

「マクラーレンが可能な限り強力な基盤で2023年をスタートするのを助けるために僕私の経験を活用するために利用可能な新しいオプションを探求するこの機会を与えられたことに興奮し、感謝している」

マクラーレン・レーシングのザク・ブラウンは「フェリックスとの関係を継続できることをうれしく思う」とコメント。

「彼は素晴らしいレーサーであり、さまざまな種類のレーシングカーで多くの経験を積んでいる」

「両方のカテゴリーで実績のあるレースウィナーとして、2023年の計画を最終決定するために、マクラーレン・レーシングファミリー内で彼の才能を確保することが重要だった」

「フォーミュラEでの彼の経験は、マクラーレン・レーシングのこのエキサイティングな新しいレースの時代に向かうときに非常に貴重だが、彼はインディカーチームにも素晴らしい貢献をしてくれた」

「彼と協力して、来シーズンの彼にとって最高のチャンスを完成させることを楽しみにしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / インディカー / フォーミュラE