マクラーレンF1 「MCL36を改善させるための明確な計画がある」
マクラーレンF1は、ミッドフィールドのライバルの多くに遅れをとったシーズンの困難なスタートの後、2022年F1マシンであるMCL36を改善するための「明確な計画」があると主張する。

マクラーレンF1は、2回目のプレシーズンテスト中にブレーキのオーバーヒートの問題と格闘したことで、走行距離が制限され、初期の開発作業を妨げられた。

それは今年の最初の2レースで悲惨な結果に繋がり、ランド・ノリスのジェッダでの幸運な7位がチームの唯一のポイントだった。

だが、マクラーレンF1は、メルボルンでパフォーマンスを向上させ、両方の車が予選Q3に到達し、決勝では5位と6位でフィニッシュした。

18ポイントの獲得は改善を示したが、ランド・ノリスはその改善の80%がトラックに依存していると推定しており、マクラーレンF1のチーム代表を務めるアンドレア・ザイドルもレイアウトが最大の役割を果たしたと同意する。

また、アンドレアス・ザイドルは、詳細については触れないにしても、チームがMCL36により多くのパフォーマンスをもたらすための「明確な計画」を持っていると主張した。

「パフォーマンスが不足していることに気付いた後、パフォーマンスをできるだけ早く改善する方法を分析し、調査することが明らかに重要だった」とアンドレアス・ザイドルはThe Raceに語った。

「パフォーマンスの面でステップを果たすという点で、我々は車で何をする必要があるかについて明確な計画が立てられていると言えることにとても満足している」

「これには少し時間がかかる。したがって、いろいろと野心はあるが、我慢する必要がある。しかし、最も重要なことは、これから実行する明確な計画があることだ」

「それが正確にいつ実現するかという点はあまり詳しく説明したくはない」

「それを行うときに管理しなければならないさまざまなパラメータがある。考慮しなければならないコスト上限がある。また、今日現在、考慮しなければならない限られた風洞時間もある」

「それが理由で、今やっていることと同様に少しパッケージ化する必要がある」

マクラーレンMCL36の弱点の分析は完了したかと質問されたアンドレアス・ザイドルは「それは進行中のプロセスだ」と答えたが、チームはそれらが何であるかについて明確な考えを持っている。

アンドレアス・ザイドルによれば、マクラーレンが特に弱い場所は低速コーナーだ。

「バーレーンのオーバーレイを見ると、グリップとパフォーマンスが欠けていた」とアンドレアス・ザイドルはメルボルンで語った。

「ここではトップカーと比較して我々が最も弱いところのオーバーレイも見ることができる」

ランド・ノリスは、マクラーレンF1がMCL36で大きなステップを果たしたとは考えていない。自身のパフォーマンスレベルはシーズン開幕の週末から実際には変わっていないと語る。

「厳しいスタートだった。車には良い部分もある。すべてが悪いわけではない。いくつかの弱点があるけど、それは非常に弱く、僕たちは本気でそれらに取り組む必要がある」とランド・ノリスは語った。

「しかし、ここでのようなに、その長所によって物事がよりポジティブに見えた」

「ポイントがないときは、空っぽになり、逃したように感じる。ポイントを獲得すると、自分自身にとってもチームにとっても、はるかにやりがいがある」

「バーレーンは非常に厳しいものだった。それが僕たちは期待を非常に低く設定したと思う。より僕たち合ったいくつかのトラックに来て、僕たちはより高いポジションのために戦うことができた」

「僕たちはいくつかの小さな進歩を遂げたけど、その多くは単にサーキットによるものだ。車はバーレーンとほとんど同じだ。でも、そこが問題だ」

「バーレーンに戻ったとしても、まだ苦労すると思うし、これらの分野に取り組む必要がある。今シーズンを通してもっと頻繁にここに行きたいのであれば、まだやるべきことがたくさんある 」

ランド・ノリスは、イモラでの次のレースは、改訂されたアルバート・パークの会場とほどマクラーレンF1に適さないかもしれないと考えている。

「少し確信が持てない。今週末やサウジアラビアに行ったときほどポジティブでも希望的でもないかもしれない」とランド・ノリスはイモラの見通しについて語った。

「でも、決してどうなるかは分からない、簿たちは車に何かを見つけて、いくつかの小さな一歩を踏み出すことができると思う。そこに着いたら分かるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン