マクラーレンF1、MCL35Mでメルセデス製F1エンジンを初始動
マクラーレンは、2021年F1マシン『MCL35M』に搭載されるメルセデスのF1エンジンを初始動させた。

マクラーレンは2019年9月にメルセデスとのF1エンジン契約を結び、それ以来、エンジニアは2021年にも持ち越されるMCL35のシャシーへのメルセデス製F1パワーユニットの統合を進めてきた。

そして、1月27日(水)にマクラーレンは2021年F1マシン『MCL35M』でメルセデスのF1エンジンを初始動。これは新車の過程で重要なプロセスとなる。

マクラーレンのCEOであるザク・ブラウンとF1チーム代表のアンドレアス・ザイドルがエンジンのファイヤーアップを監督したが、新車のデザインやカラーリングについては何も明らかにされなかった。

マクラーレンとメルセデスのパートナーシップは、スポーツの空力ルールの大幅な刷新と同時に行われることになっていた。その規則の変更は、コロナウイルスのパンデミック時の開発コストを節約するために2022年に延期されました。

本来であれば、新レギュレーションによって完全に生まれ変わるF1マシンからメルセデスのF1エンジンを搭載する予定だったが、新型コロナウイルスのパンデミックによって新レギュレーションの導入は1年延期され、2021年は昨年シャシーを持ち越すことになったため、MCL35のシャシーへの変更を余儀なくされた。

その結果、マクラーレンは今年、事実上、新車を手に入れた。

「他のすべてのチームが昨年から今年にかけてマシンの大部分を引き継ぐが、メルセデスのF1パワーユニットへの切り替えによって、それは我々には当てはまらない」とマクラーレンのプロダクションディレクターを務めるピアス・シンは語った。

「それは大きな変化をもたらし、事実上、我々は新しい車を製造してきた。MCL35Mの新しいパーツの数は、MCL35を製造したときとほぼ同じだ」

「シャシーの後部とエンジン周辺のギアボックスのベルハウジングは、新しいパワーユニットに適応するために大幅に変更された」

「パワーユニットを変更すると、マシンのアーキテクチャとすべてのパッケージ方法が大幅に変わるため、すべての電気ハーネスとコントロールボックスに加えて、冷却レイアウト全体とすべての配管(流体または空気用)が変更された」

「コスト上限が導入され、キャリーオーバーにはいくつかの重要な要素がある。FIAは、今年のコスト上限の範囲外であるトランジショナルキャリーオーバー(TCO)コンポーネントのリストを作成した。これらは昨年のマシンで実行された場合に2021年に使用できるパーツだ」

「ギアボックスの内部や一部のサスペンションコンポーネントなど、可能な限り持ち越すことができるように、これらのTCO規制を最大限に推進した。したがって、2021年の予算の一部を設計と製造に使用する必要はなかった」

2021年のプレシーズンテストは、3月12日から14日までバーレーンで行われ、2週間後の3月28日のF1バーレーンGPでシーズンが開始する。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / F1マシン