マクラーレンF1 「ダニエル・リカルドはF1ワールドチャンピオン候補」
マクラーレンF1チームのザク・ブラウンは、2021年に新加入するダニエル・リカルドは適切なマシンの乗れば“すぐに”F1ワールドチャンピオンになれる実力の持ち主だと語る。

先週、セバスチャン・ベッテルのフェラーリF1離脱をきっかけに2021年のドライバー市場は大きな動きを見せ、ダニエル・リカルドは2021年からマクラーレンでランド・ノリスのパートナーになることが発表された。

昨年、マクラーレンは2012年以来のベストリザルトとなるコンストラクターズ選手権4位でシーズンを終え、回復への道を進んでいるという強い兆候を見せた。

そして、ザク・ブラウンはマクラーレンが適切なマシンを提供することができれば、新たに獲得したダニエル・リカルドは“すぐに”タイトル争いに絡むことができるドライバーだと考えている。

「適切なマシンに乗ればダニエルはすぐにチャンピオンシップを獲得できる実力の持ち主だと思っている」とザク・ブラウンは Sky Sports F1 にコメント。

「彼は商業的に非常に市場性があり、非常にエキサイティングなドライバーだ。彼とランドの組み合わせは素晴らしいものになると思うし、トラックの内外でファンのお気に入りになるだろう」

ダニエル・リカルドはF1キャリアの中でこれまでに7勝を挙げており、ザク・ブラウンはリカルドとの契約はマクラーレンの回復への道のまた新たな重要なステップだと考えている。

「我々は回復への道を進んでおり、昨年は大きな前進だった。それを実現するには、あなたはすべてのものからベストを引き出す必要がある」

「比較的短期間でチームプリンシパルのアンドレアス(ザイドル)は素晴らしい追加戦力となり、ジェームス・キーが開始し、目には見えない舞台裏の多くの人々が最終的に成功したレースチームにするために貢献してくれた」

「我々はリーダーシップ全体を再構築し、それには少し時間がかかったが、今はすべてが揃っている。アンドレアスは本当に彼が望んだチームを作った」

「それにもちろん、2人の優れたドライバーを望むものだ。現在我々をそれを手にした。完全なベンチマークとして知られている7回のレースウィナーを起用できることはチームにとって素晴らしいことだ」

「それはまたランドにステップアップする機会を与え、ランドが7回のウィナーと戦う様子を見る機会を与えてくれる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / ダニエル・リカルド