マクラーレンF1、予算上限の引き下げに反対する“2チーム”を批判
マクラーレンF1チームのCEOを務めるザク・ブラウンは、予算上限の引き下げに反対するフェラーリとレッドブルと思われる2チームを“潜んでいる危険を顧みていない”として非難した。

新型コロナウイルスの世界的な大流行によって、2020年のF1世界選手権はまだレースを開催できておらず、6月に予定されていたF1カナダGPまでの9戦の延期・中止が決定。収入の流れが枯渇し続ける中、F1チームはできるだけコストを節約するためにいくつかの措置に合意している。

2021年に予定されていたF1レギュレーションの変更は2020年まで延期。また、予算上限を1億5000万ドルに引き下げることも内々では合意に至った。

しかし、大多数のチームがこれをさらに1億2500万ドルまで引き下げることを望んでいる中、ザク・ブラウンは“いくつかのチーム”がそれに消極的な姿勢を示していると非難する。

「10チームまたは少なくとも9チームがいなければ、実際にはF1は成り立たない」とザク・ブラウンは Sky F1 に語った。

「2つチームは十分に注意する必要がある。言ってみれば、彼らは潜んでいる危険を顧みていない」

「F1を成立させるにはフルグリッドが必要だ。そのため、彼らがF1を持続不可能な状態にし続け、いくつかの小規模チームが関心を失ったり、経済的に参加できなくなった場合、彼らは自分たちと競争することになる。それはうまくいかない」

ザク・ブラウンは、“2つのチーム”の名前に具体的に言及することは避けているが、メルセデスの親会社であるダイムラーの行動を称賛しており、それがレッドブルとフェラーリであることは想像するにたやすい。

「2つのチームについて話している。ダイムラーは、我々が置かれている状況を認識して、素晴らしい仕事をしていると思う。なので、皆さんはどのチームであるかは想像がつくと思う」

「そらら2チームにとってF1は巨大なマーケティングプラットフォームであるため、彼らが現在の財政バランスを維持したい理由を理解している。しかし、スポーツとは誰もが公平に戦うことができ、最高のチームが勝つかものだと考えたい」

「彼らは自信を持つ必要があると思う。まるでミドル級選手としか戦いたがらないヘビー級の選手のようだ」

「彼らは素晴らしいチームであり、より平等な条件で皆と戦うことを覚悟されるだ。私はそれがファンがスポーツで望んでいることだと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / フェラーリ / レッドブル