F1
マクラーレンのF1チーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、2020年の1回目のF1プレシーズンテストに満足しており、長期計画が実り始めていると自信をみえる。

「正直に言って、様々な理由でこれまでの進捗に本当に満足している。まず何より、ここまで示した周回数と信頼性を見れば、マクラーレンとしては何年振りとも言える最高のスタートだ」とアンドレアス・ザイドルは語る。

「それはチームの全員にとって素晴らしい報酬であり、このステップを達成するために先月のすべての努力が報われているというチーム全体にむけたサインだ」

2019年シーズンの途中でチームに加わったアンドレアス・セイドルは単にオブザーバーだった。マクラーレンは2015年から18年までのホンダF1との激動の年の間にペースと信頼性に苦しんでいが、今は内部構造を改善して、それがパフォーマンスに表れている。

バルセロナでの最初の3日間で、マクラーレンは生のペースよりも走行距離を優先し、MCL35で423周を(4番目に多い)を走り込んだ。

アンドレアス・ザイドルはマクラーレンがミッドフィールドをリードできると期待していると語る。

「この3日間で果たした様々なステップと完了したテストを考えれば、マシンは期待どおりに動作している」とアンドレアス・ザイドルは語る。

「このような相関関係を見るのは素晴らしいことであり、とても満足している」

「冬季テストキャンペーンのこの最初の部分で、ジョブリストにあるすべてのボックスにチェックを入れることができた。2回目のテストまでの数日を使用して、収集したすべてのデータを詳細に分析する。マシンにも新しいパーツを継続的に導入していく」

「我々が持っているこの勢いを見るのは素晴らしいことだ。来週の水曜日に戻って、メルボルンの準備に取り組み、MCL35からより多くのパフォーマンスを引き出していく」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン