マクラーレン 「F1の予算上限の効果が表れるには時間がかかる」
マクラーレンのF1チーム代表を導入するアンドレアス・ザイドルは、2021年に導入されるF1の新しい予算上限の影響によってグリッドを平準化するのに時間がかかると語る。

2021年に施行される新しい競技および技術規制に加え、特定の例外を除いてチームの年間予算を1億7500万ドルに制限する財政規制がF1に初めて導入される。

これにより、メルセデス、フェラーリ、レッドブルの上位3チームのコストが削減され、マクラーレンとルノーは予算上限で運営されるる可能性が高いが、アンドレアス・ザイドルは、勢力図への即時の影響の期待に警告を発した。

「100%時間がかかりる」とアンドレアス・ザイドルは語る。

「大きなチームはそこにいるのはより多くのお金があるためだけではない。彼らは単に我々と比較してより良い仕事をしている。予算上限は重要だ。将来的に平等な競争の場を得る唯一の機会だからだ。ただし、予算上限がそれをきれいにするまでには時間がかかる」

「我々が規制に賛成しているのは秘密ではない。我々はFIA/ FOMを多くサポートしてきた。それは我々が上位に返り咲くための次の重要なマイルストーンだ」

大規模なF1チームは、新しいレギュレーションに備えてまだ予算上限のない来シーズン中に巨額の投資をして優位性を保つと考えられているが、アンドレアス・ザイドルは、予算上限のタイミングはそれほど大きな問題ではないと考えている。

「ビッグ3チームが2020年に(2021年にむけて)より多くのリソースを投入することで有利にスタートするという点では...先ほど言ったように彼らは現在より良い仕事をしているので、2020年にもより良い仕事をするだろう。それは彼らに必然的に幸先の良いスタートを与える」とアンドレアス・ザイドルはコメント。

「それでも、風洞とCFD側には制限があり、それだけで多くのことを行うことができる。最大の問題は、2020年の予算上限がないことだ」

マクラーレンは、F1アメリカGPでルノーを7ポイント上回った場合、コンストラクターズチャンピオンシップで4位を確定させることができる。アンドレアス・サイドルは、そうすることでチームが将来の仕事にさらに集中できるようになると語る。

「シーズンも終盤に近づいており、レースチームとしての我々の焦点は2020年に完全に切り替える前にコンストラクターズ選手権で4位のスポットを確保することにある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン