F1 マクラーレン、サインツのアンセーフリリースで60万円の罰金
マクラーレンは、F1イタリアGPでのカルロス・サインツのアンセーフリリースに対して5000ユーロ(約60万円)の罰金を科せられた。

6番手を走行していたカルロス・サインツだったが、ピットストップで右フロントホイールが適切に装着されないまま発進。数秒後にレースからのリタイアを余儀なくされた。

スチュワードは、このインシデントを安全ではないとみなし、マクラーレンに罰金を科したが、カルロス・サインツはホイールが緩んでいることに気づいてすぐにマシンを停めたと述べた。

スチュワードは「FIA F1競技規則の第28.13 c)項に違反し、安全でない状態でマシンがリリースされたと判断した。我々はドライバーが右フロントホイールの問題が明らかになるとすぐにクルマを停止したことに留意する」

レース後、カルロス・サインツは、ピットストップは「ちょっとした災害」だったと語った。

「ライトが青になったのでクルマの準備ができたと思ったら再び赤になった。再びクルマを持ち上げ、再びタイヤを取り付け、クルマを降ろした。準備ができたように思えたけど・・・」

「すべてがちょっとした災害だった。でも、このようなことは起こるものだ。僕たち全員が人間nだし、僕たち全員がミスをする可能性がある。何かが壊れていたのかもしれない。分析して、学習し、改善していく必要がある」

期待外れな結果にも関わらず、カルロス・サインツは他のレースではピットストップはマクラーレンの最も強いポイントだった

失望にもかかわらず、マクラーレンのドライバーは戦略を考慮し、戦略とピットストップは他のレースで最も強いポイントの1つであったため、チームを責める理由はないと感じていると語る。

「残念だ。なぜなら、今日はほぼ6位は確実そうだったからね」とカルロス・サインツは付け加えた。

「ルノーの方が速かったし、(アレクサンダー)アルボンはソフトタイヤで僕を捕まえても、追い越すことができなかった。彼はミディアムではもっと速くなると思った。僕はアルボンとの接触後にいくつかの問題を抱えてた。マシン後部のパーツを失って、1周あたり0.2〜0.3秒を失っていた」

「でも、すべてが順調に進んでいた。その後、ピットストップがでちょっとした混乱であった。ちょっとした誤解があり、僕たちはそれを決めることができなかった。

「でも、ピットストップと戦略は今年とても良かった。今日はそれによって8ポイントを失ったかもしれないけど、今年は戦略とピットストップのおかげで、今日失ったよりも多くのポイントを獲得しているので、分析して、何がもっとうまくやれるかを学ぶ時だ。悲しむ必要はない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / F1イタリアGP