F1 マクラーレン
マクラーレンのエグゼクティブディレクターを務めるザク・ブラウンは、2017年シーズンは“チーム史上最悪”の一年だったとし、ルノーにサプライヤーを変更する今年は再びワールドチャンピオンに勝てるチームに生まれ変わると決意を新たにしている。

2018年のF1世界選手権の開幕まで2ヵ月を切ったが、新たにスポンサー契約を結んだCNBCの番組に出演したザク・ブラウンは「オーストラリアでは我々が集団の先頭に飛び出るのをお見せできると思う」と興奮気味に述べた。

2015年、マクラーレンはF1復帰したホンダとタッグを組み、新生“マクラーレン・ホンダ”として新たな船出を切ったが、3年間で2度コンストラクターズ選手権で9位に転落。昨年でホンダとのパートナーシップを解消した。

ザク・ブラウンは、2017年が“マクラーレン史上、最悪の一年”だったと認める。

「過去3年間は非常に苦痛だった」と語るザク・ブラウンは、マクラーレンがコース上で成功するにはまず財政的に戦える状態に立て直す必要があると語る。

「高価なスポーツだ。我々は財政的にトップ2チームと戦くことができてない。それでも我々はトップ4チームのひとつだ。できるだけ多くのリソースをレースチームに投入するためにそこを改善し続ける必要がある。我々はすべてを適切に得ることができれば、グリッドを大幅に上げていくことになるだろう」

マクラーレンは、エンジンサプライヤーをルノーに変更するだけでなく、会議室の経営陣も大きく変更を遂げた。過去40年マクラーレンのトップを務めたロン・デニスは、法廷論争のあとチームを後にしている。

過去数年、マクラーレンは激動のシーズンを過ごしてきたが、ザク・ブラウンは楽観的になれる理由はあると考えている。そのひとつとして、F1のベストドライバーの一人に数えられるフェルナンド・アロンソの存在を上げた。

「フェルナンドは非常に勤勉で集中力があり、自分自身とチームに非常に厳しく要求sている。フェルナンドがガレージに入ってくると、全員の背筋が少し伸びるのがわかる」

最後に成功に必要なことは何かと質問されたザク・ブラウンは以下のように締めくくった。

「ミスをしたときに、それらのミスから学び、二度と同じミスをしないことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン