マクラーレン ホンダ F1
マクラーレンは、ホンダがF1での運命を改善するためには、自動車メーカーの企業体質で仕事をするのではなく、F1のレース文化の理解し、統合していく必要があると考えている。

ホンダは、2015年にマクラーレンのパートナーとしてF1に復帰して以降、厳しいシーズンを過ごしている。2017年も壊滅的なプレシーズンテストを過ごし、今シーズンもトラブルの絶えないシーズンになることが予想されている。

パートナーであるマクラーレンも結果の出ない不遇のシーズンをもう一年過ごす可能性に直面しており、ホンダとマクラーレンの関係はここ数週間で緊迫していると報じられている。

ホンダは、F1プログラムに外部の影響を受け入れることを嫌っているように見られており、マクラーレンのレーシングディレクターを務めるエリック・ブーリエは、ここまでホンダがスピードを得ることができないのは、F1で成功するために必要な開発の正確さが欠けており、プロジェクトが後手に回っているからだと語る。

「彼らが理解する必要のある唯一のことは、F1のレース文化を理解し、統合していくことだ」とエリック・ブーリエは Autosport にコメント。

「それが意味するのはこういうことだ。我々は、レース、そして、F1において、カレンダー、固定した目標、固定した期日、ラップタイムゲインによって全てを動かしている」

「自動車メーカーが運営しているプロジェクトでは、数週間の遅れが出ても、製品が変わることはない。ビジネスモデルが変わることはない」

「レースでは、ひとつのレースでアップデートをもたらさなければ、次のレースではもう意味はない」

「それがこのレースのメンタリティだ。サプライヤーに関しては、彼らが1ヵ月で何かをした場合、次回は3週間でそれを行い、それが3週間から2週間で確実にやれるようにならなければならない」

「我々は費やしたお金よりも、得られたタイムの方を評価する。これは残りの世界とは異なるアプローチだ」

ホンダは、ミルトンキーンズに欧州におけるF1の活動拠点を構えている。しかし、エリック・ブーリエは、メインの拠点は日本のままであり、親会社の企業体質で仕事をしていると考えており、そのF1の運営方法では、現在のグランプリレーシングに必要な対応をするにはあまりに遅いとしている。

「メルセデスが英国に拠点を置いているのはそれが理由だ。彼らはサプライチェーン、F1の経験のある人々から利益を得ていると思う」

「我々のサプライヤーは、ホンダよりも2倍のコストはかかるかもしれないが、3~5倍速い」

「いくつかの点で会社の影響が効率性の助けになっていないと理解することができるだろう」

「大会社のように振る舞うほど、プロセスは会社からより受け継がれ、遅く、機敏さに欠ければ、レース文化には合わない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / ホンダF1