マクラーレンの行為が審議に
マクラーレンが、4月29日にパリで行われる世界モータースポーツ評議会に召集されることになった。

これにより、マクラーレンに2009年のワールドチャンピオンシップで何らかの制裁措置が科せられる可能性が高まってきた。

オーストラリアGPでの一件で、マクラーレンはFIAの国際スポーティング規約に違反したとみられており、FIAはマクラーレンが以下の罪にあたるとの声明を発表した。

・2009年3月29日、カーナンバー1のハミルトンとカーナンバー9のトゥルーリがセーフティカーの後ろを走行していた際にトゥルーリを先に行かせろとの指示をハミルトンに出さなかったとオーストラリアGPのスチュワードに対し、それが偽りであると知りながら、証言した。

・真実ではない証言をスチュワードに認めさせるために、現ワールドチャンピオンのハミルトンを促した

・スチュワードに対する嘘の証言が他のドライバーやライバルチームに不公平なペナルティを科すことを知りながら、FIAに連絡することも他の手段を講じる事も無く、状況を正そうとする努力が見られなかった。

・2009年4月2日、オーストラリアGPのスチュワードの前で行われた2回目のヒアリングの際に、3月29日の嘘の証言を是正しようとする努力が見られず、ハミルトンに対してトゥルーリを追い抜くように指示したことが無線で聞けるようになり、嘘の証言を正すチャンスがあったにも関わらず、この証言が正しいことを主張し続けた。

・2009年4月2日、2回目のヒアリングの際にも、3月29日にスチュワードに伝えた証言が嘘であることを知りながらも、それを主張し続けるようにハミルトンをあっせんした。

これを受け、マクラーレンもリリースを発表。

「マクラーレンは、今日の午後に4月29日にパリで行われるFIA世界モータースポーツ評議会への出廷の誘いを受けたことを認める。我々はあらゆるWMSCのプロセスに協力することを約束し、F1のためにFIAとともに働く機会を喜んで受ける」

「今日の午後、マクアーレンと前スポーティング・ディレクターであるデイブ・ライアンは、正式に関係を絶った。その結果、彼はもはやマクラーレン・グループの従業員ではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン