マクラーレン・ホンダ F1モナコGP 結果
マクラーレン・ホンダは、F1モナコGPの決勝レースで、ジェンソン・バトンが8位入賞。新生マクラーレン・ホンダに初ポイントをもたらした。フェルナンド・アロンソはマシントラブルでリタイアだった。

ジェンソン・バトン (8位)
「今日は僕たちにとってポジティブな一日となった。今日は1ポイント獲得することを目標にしていたけど、結果的に4ポイントを挙げることに成功した。僕にとって8位入賞は予想以上の結果だ」

「スタートでニコ・ヒュルケンベルグにポジションを明け渡してしまったけど、1周目の3コーナーで外側から追い抜き、元のポジションを取り戻した。この争いは楽しかったね。その後、パストール・マルドナドをかわしてからの僕のレースは基本的に予選で見せた良いラップを何周にもわたって重ねていくことだったし、とにかく全速力で走り切った。体力的にはかなり大変だったけど、心から楽しむことができた。今日の結果はチームにとって本当に良かったと思う。このポジションにたどり着くまでに懸命な努力を重ねてきた、チーム全員に対する報いになるだろう。まだやるべきことはあるけど、これは僕たちにとって非常にポジティブな一歩だ」

フェルナンド・アロンソ (リタイア)
「まず、(ヒュルケンベルグ選手との接触については)自分がペナルティを受ける必要があったとは思っていない。あの瞬間、他に何ができたのかがわからない。ただ、一番残念だったのは、今日のレースを完走できなかったことだ。マシンを止めることになった1つ前の周回でギアアップの際に違和感があり、その後、1コーナーではブレーキが効かなくなり、ニュートラルの状態になり、ギアを入れることができなくなった。今日は両マシンが揃って今季初の入賞を果たす可能性があっただけに、フラストレーションがたまる一日だった。僕たちはマシンを引き続き改善し、こういった問題が再発しないようにする必要がある。ただ、さまざまなトラブルが今年発生していることは、来年また同じ問題が繰り返し起こることはないということなので、そういう意味では良いことだと思う」

エリック・ブーリエ (マクラーレン・ホンダ レーシングディレクター)
「シーズン開始以来、我々は一貫したメッセージを掲げてきました。チーム全員が非常に精力的に仕事をしており、その多大な苦労の結果として我々は着実に改善しつつあるわけです。今日、ジェンソンが8位に入賞したことで、新たに結んだこのマクラーレン・ホンダのパートナーシップが、今シーズン初のワールドチャンピオンシップポイントの獲得によって報われました。これは今までに着実な進化をしてきたことで達成できた結果です。今日はジェンソンが非常に良い走りをしてくれて4ポイントを獲得したわけですが、その余韻に浸っている暇はありません。もちろん、今回の結果は励みにはなりますが、我々の野望は8位入賞よりももっと高いところにあります。我々はその目標を必ず達成してみせます。最後に、フェルナンドに関しては、今日はまたフラストレーションのたまるレースとなってしまいました。リタイアの原因については、現在、調査中です。今日はフェルナンドも非常に良い走りを見せてくれていましたし、マシンが安定していれば、2台揃ってワールドチャンピオンシップポイントを獲得することができたはずです」

関連:F1モナコGP 結果:優勝はニコ・ロズベルグ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / ホンダF1