マクラーレン ホンダ
マクラーレンがホンダとの提携を検討していると Auto Motor und Sport が報じている。

同誌によると、マクラーレンは2012年末にメルセデス・ベンツとの無料のF1エンジン契約が終了したあとの新しいエンジンパートナーを探しており、F1に新しいV6ターボエンジンが導入される2014年の提携候補にホンダが挙げられていると報道。

ホンダは2008年末にF1から撤退しているが、経営陣の承認が下りればエンジン供給元として技術的にいつでもF1に復帰できる用意ができているとホンダの幹部が鈴鹿で述べたとしている。

メルセデス・ベンツは、2009年にブラウンGPを買収してメルセデスGPとしてワークス参戦。マクラーレンはメルセデス・ベンツが保有していたチーム株式を買い戻している。

この契約により、マクラーレンは2012年末までエンジンを無料で供給され、少なくとも2015年までは希望すれば年間約800万ユーロ(約8億3200万円)での供給を保証されている。

ホンダは、エンジン供給元として1988年から1992年までマクラーレンと提携し、アイルトン・セナで3度、アラン・プロストで1度、チャンピオンシップで優勝している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン | ホンダF1