フェリペ・マッサ
フェリペ・マッサが、2014年にパストール・マルドナドに代わってウィリアムズに加入すると ブラジルの Diário Motorsport が報じている。

報道によると、フェリペ・マッサとウィリアムズとの契約は5年契約で、数日以内に発表がなされるという。またフェリペ・マッサはスポンサーを持ち込む必要はなく、チームから報酬を受け取る契約だという。

この報道が事実であれば、バストール・マルドナドはシートを探す必要がある。

パストール・マルドナドは、ロータスの移籍を目指しているとされており、チームに3500万ユーロ(約47億円)のスポンサーマネーをもたらすとされている。

だが、ロータスは2億ユーロ(約266億円)以上の予算をもたらすカンタムとの契約をすでに成立させているとされ、2014年はニコ・ヒュルケンベルグを起用するとも報じられている。

ロータスのシートを獲得できなかった場合、パストール・マルドナドはニコ・ヒュルケンベルグによって空席ができるザウバー、もしくは、同じくニコラス・トッドがマネージャーを務めるジェームズ・カラドがリザーブドライバー契約を結んでいるフォース・インディアが候補だと考えられる。

関連:ウィリアムズ、フェリペ・マッサとの契約を正式発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェリペ・マッサ / ウィリアムズ