マノー F1 速報 2016 アブダビ
マノーは、F1アブダビGP初日のフリー走行で、エステバン・オコンが16番手タイム、パスカル・ウェーレインが17番手タイムだった。FP1ではジョーダン・キングが走行を担当した。

エステバン・オコン (16番手)
「短い一日ではあったけど、僕にとってはポジティブな日だった。FP1のジョーダンの走行からいいデータが取れたし、FP2でマシンに乗るために有益な情報だった。ここではクルマのペースはいいし、このトラックはドライブしていていい気分になる」

「トラックのことはとても良く知っているし、それが短い時間でスピードを上げていくことに役立ったのは確かだ。素早く取り組めて、自分のスタイルに合わせられるサーキットがある。ここはそのひとつだ。本当に楽しかったし、残りの週末も頑張るよ」

パスカル・ウェーレイン (17番手)
「学習したことや、試したかったいろいろなことを試せたという点ではかなりいい金曜日だった。FP2ではちょっと残念だったけどねセッション間に変更した部分がうまくいかなかった。最も重要なのはマシンから学ぶことができ、全体として今日のペースがかなり良かったことだ。僕はこのサーキットを本当に楽しんでいるけれど、確かにとてもチャレンジングなサーキットだね。僕たちのクルマにとってはコーナーが多すぎる。それでも照明の下のレースや、日中から夜に切り替わっていくのは大好きだ。シーズンのフィナーレとして最高の舞台になるだろう」

ジョーダン・キング
「まず何よりもMRT05で2度目の走行ができてとても嬉しいし、チームに感謝している。僕のプログラムはオースティンとはかなり違っていて、エステバンが最近のレース週末で経験していた問題の修正を手助けするためのものだった。でも、とにかくF1マシンをドライブできるのは最高の気分だし、チームのレース週末の進歩に調節影響できる作業をしているっていうのはさらに嬉しい。僕自身たくさんのことを学んだし、エンジニアリングチームも同じはずだ。オースティンほど驚きの要素は多くないけど、sの分今日はさらに価値のある一日だったと感じているんだと思う。でも、これで残りの週末はいつもよりさらに大きな弾みをつけて完全なGP2モードに戻れるよ」

関連:
F1アブダビGP フリー走行2回目:ルイス・ハミルトンがトップタイム
F1アブダビGP フリー走行1回目:ルイス・ハミルトンがトップタイム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マノー | F1アブダビGP