マノー F1 2016 ヨーロッパGP 結果
マノーは、F1ヨーロッパGPの決勝レースで、リオ・ハリアントが18位、パスカル・ウェーレインがリタイアだった。

リオ・ハリアント (18位)
「僕にとってはそれほど良くなかった。ターン1で接触してフロントウイングにダメージを負ってしまい、オープニングラップの終わりにピットに入らなければならなかった」

「もちろん交換するには長いピットストップが必要だたので、レースに復帰したときにはかなり後方になってしまった。その時点でソフトタイヤを選んで、1ストップ戦略で行こうと決めた。でも、あのタイヤに49周は長いし、激しいデグラデーションにかなり苦労した。1周ごとにブレーキングポイントが違った。でも、今日は全員がどこかで何かがあること期待していたと思うし、それに反応できるポジションをキープしなければならなかった。結局、そのようなチャンスはなかったけどね。ごく普通のレースだった。でも、ポジティブな部分に目を向けなければならない。予選はとても強かったし、レースでは完走できた。それはいいことだ」

パスカル・ウェーレイン (リタイア)
「正直、今日はちょっと残念だった。もっと多くを願っていた。僕たちは他の人たちとはかなり違う戦略を採っていたと思う。チャンスを最大限に生かせる戦略だったけど、レースが僕たちに向かなければどうしようもない。ソフトでスタートして、1周目が終わったあとのポジションには満足していたけど、スーパーソフトよりもソフトの方が難しかった。ピットに入ってからはミディアムタイヤでのペースに本当に満足できた。前にいるザウバー勢とのギャップも縮められると思ったけど、ブレーキを失ってしまった。ターン1で単純にブレーキがなくて、ストップするしかなかった。それ以上は言いようがない。とにかく前を向かなければならない。でも、このサーキットと初めてのバクーを経験できて本当に楽しかった」

関連:F1ヨーロッパGP 結果:ニコ・ロズベルグがポール・トゥ・ウィン!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マノー | F1ヨーロッパGP