パストール・マルドナド
パストール・マルドナドは、母国ベネズエラに凱旋。ウィリアムズのF1マシンでデモ走行を行ったが、2周目にスピンしてクラッシュ。予定より早く終了することとなった。

F1スペインGPでベネズエラ人初となるF1での優勝を果たしたパストール・マルドナドは、優勝後、初めて帰国。

2万人のファンや多数の政治的・軍事的VIPの前で、フエルテ・ティウナ基地のパレード用地で12周のデモ走行を予定していた。

チームオーナーのフランク・ウィリアムズと株主のトト・ヴォルフも同席した。

しかし、パストール・マルドナドは、段差の非常に激しい路面にタイヤをとられ、ウィリアムズFW33でスピン。道路脇の縁石でサスペンションを破損した。

F1デモ走行は、ベネズエラのスポーツ祝典のハイライトとして計画。このイベントでは、フェンシング五輪金メダリストのルーベン・リマルド、インディカーレーサーのEJ・ヴィソなどを含むベネズエラの一流スポーツマンがパレードを行った。

クラッシュ後、PDVSAがスポンサーを務めるドライバー、ロドルフォ・ゴンザレスがGP2マシンで8周のデモ走行を実施。だが、その後に激しい雷雨があり、パストール・マルドナドのマシンを修理してデモ走行を再開することも不可能となった。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: パストール・マルドナド | ウィリアムズ