ロータス
ロータスが、2011年にレッドブルから供給されるギアボックスは新型ではないようだ。

ロータスは、2011年からレッドブル・テクノロジーのギアボックスとハイドロリック・システムを使用することを発表。

これにより、ロータスの2011年マシンは、レッドブルやトロ・ロッソと同じプルロッド式のリアサスペンションが採用される。

ただし、レッドブルから供給されるギアボックスは、2011年型ではなく、2010年もしくは2009年型のものになるという。

ロータスは、コスワースとのエンジン契約を解消し、来季からはルノーエンジンを搭載するものとされている。

噂ではロータスは、ルノーエンジンに精通し、先日ルノーを離脱したボブ・ベルの獲得を検討しているという。

関連:
ロータス、2011年からレッドブルのギアボックスを使用 - 2010年10月5日

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ケータハム | レッドブル