チーム・ロータス
ロータス・レーシングは、2011年からチーム・ロータスとして参戦することを発表した。

トニー・フェルナンデスの投資会社であるTuneグループは、チーム・ロータスが消滅してからデビッド・ハントが運営してきたチーム・ロータス・ベンチャー有限会社を買収。チーム・ロータスというブランドの完全な所有権を持つこととなった。

「この取引を完了できたことをとても嬉しく思っている」とトニー・フェルナンデスはコメント。

「これから我々が世界中のスポーツで最も有名な名前のひとつであるチーム・ロータスを名乗れるという意味を表現するのは難しいが、我々はこの夢を叶えるために非常に懸命に取り組んできたし、今日、それが叶った」

「管理期間にわたってチーム・ロータスというブランドに奉仕し、チーム・ロータスの健全性を維持してくれたデビッドに感謝したい」

「我々はブランドを引き継ぐことに非常に興奮しており、F1での一年目を終えて、我々が相続した遺産を適切に扱う準備ができていると思っている。チーム・ロータスにとってめくるめくような一日であり、トラック内外での我々の目標を成し遂げることを助ける非常に刺激的なプロセスだ」


「現在と過去を結びつけるためにも、ロータス・レーシングとチーム・ロータスがひとつになることは重要なことだった。そして今、我々はそれを成し遂げた。我々はロータス・レーシングとして成功した一年目を過ごしてきた。ロータス・レーシングとしての我々に協力してくれた、プロトン、グループ・ロータス、そしてすべてのパートナーに感謝している」

「しかし、これからは新しい章へ進まなければならないし、我々はチーム・ロータスとして、トラックの内外でさらに強い力となる。チームに関わっている全員が、待ち受けている挑戦を楽しみにしている。モータースポーツ史の中で最も愛され、あがめられ、尊敬を得ている名前を復活させる今はなおさらのことだ」

「今日、新しい夢が始まる。チーム・ロータスが帰ってくる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ケータハム