ロータス F1
ロータスF1チームは、2010年のF1世界選手権のエントリーを承認され、13番目のグリッドを確保した。

BMWのF1撤退により2010年の13番目のグリッドは空席となっていたが、FIAはロータスが13番目のクリッドを獲得したことを発表した。

FIAは、BMWザウバーから”印象的な”申請を受け取ったことも明らかにしたが、ヒンウィルのチームのオーナーシップについては不明確であったため、ロータスにエントリーを与えることを決定したという。

また、BMWザウバーは2010年グリッドで欠員が出た場合に備え“14番目のグリッド”を与えられた。またFIAは、それがグリッドを14チームに拡大する良い機会だとしている。

「FIAは、2010年の初グランプリに間に合うようにグリッドを28台に拡大するべく適切な規約変更を導入するために既存チームと緊急に相談する」

FIAは、マイク・ガイスコインがロータスのテクニカルディレクターを務め、ロータスはコスワースエンジンを搭載するとしている。

ロータスのエントリーは、トニー・フェルナンデスをチーム代表とする1Malaysia F1 Team Sdn Bhdと呼ばれる会社が後援している。フェルナンデスは、マレーシアに拠点を置くエアアジア航空を所有するチューングループの創立者でありCEOである。

エアアジア航空は、今シーズン、ウィリアムズのスポンサーを務めている。

ロータスは、最初はロータスカーズのファクトリーから10マイルの場所にあるイギリス・ノーフォークのRTNのファクトリーを拠点とする予定。5万平方フィートの施設は、当初トヨタのF1プログラムのために建設され、その後はベントレーのル・マン プログラムのために使われていた。

将来は、デザイン、R&D、製造・技術センターは、マレーシアのセパン国際サーキットに建設される予定となっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ケータハム