キミ・ライコネン
キミ・ライコネンは、チームオーナーからすぐに解決することを約束されたにも関わらず、まだロータスから全てのお金を受け取っていないことが明らかになった。

シーズン終盤、背中の手術によって最終2戦を欠場したキミ・ライコネンは、今年ロータスから“1ユーロ”も支払われていないことを明らかにしていた。

キミ・ライコネンは、チームオーナーからすぐに解決することを約束されたにも関わらず、まだロータスから全てのお金を受け取っていないことが明らかになった。

シーズン終盤、背中の手術によって最終2戦を欠場したキミ・ライコネンは、今年ロータスから“1ユーロ”も支払われていないことを明らかにしていた。

アブダビのレース前、キミ・ライコネンは、ロータスのキャリアをほぼ終了させるつもりだったし、「僕たちが抱えている特定の問題の理解を見つけられるかもしれないとの期待だけでここ来た」と述べていた。

そして、表面上は手術のためとし、最終2戦でロータスでレースをすることはなかった。

ロータスは、投資グループであるカンタムによる株式売買契約を待っており、チームオーナーのジェラルド・ロペスは、キミ・ライコネンにまだ若干のお金の借りがあることを明かした。

ロータスは、キミ・ライコネンにお金を完済したかと質問されたジェラルド・ロペスは「完全ではない。一部は残っている。我々はアブダビで支払いに関する合意に達した」と MTV3 に述べた。

ロータスは、一部の従業員とサプライヤーへの支払いが未払いになっており、多額の借金を抱えたままだと報じられている。

ジェラルド・ロペスは「遅れはある」と認めるが、「メディアで言われている額は完全におかしい」と述べた。

「額は大きくないと言う意外に詳細を語るつもりはない。支払うことになってるし、我々は常にそうしてきた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ロータス | キミ・ライコネン