ホセ・マリア・ロペス
ホセ・マリア・ロペスは、F1での仕事を得られずアルゼンチンへ帰国することになった。

ホセ・マリア・ロペスは、USF1と契約を結んでいたが、USF1の2010年のF1参戦はなくなった。

マネージャーは、ヒスパニア・レーシングのリザーブドライバーのために交渉を行って来たが、木曜日に行われたヒスパニア・レーシングの体制発表会にホセ・マリア・ロペスの姿はなかった。

「ペチトがF1にいられる可能性はなくなった」とマネージャーのフェリペ・マクゴーはTelam通信にコメント。

USF1は、ロペス陣営が前払いした83万ドルの返金を拒否したとされる。

また、いくつかのスポンサーは、グランプリでドライビングしないリザーブドライバーの役割を望まなったという。

ロペスの父親は「今回のくだらないことに加わるつもりはない。私は疲れている。昨日の午後に私は断念した。物語は終わらなければならない。彼らは私の息子の頭に火をつけた」

ロペス陣営は、たとえUSF1が資金を返金しないことが技術的に契約違反ではないとしても、訴訟を起こすつもりだと噂されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ホセ・マリア・ロペス