ル・マン24時間レース
2019年のル・マン24時間レースが6月15日・16日に行われ、トヨタ TS050 HYBRID 8号車(セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/フェルナンド・アロンソ)が優勝。7号車(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ・マリア・ロペス)が2位に続き、トヨタが1-2フィニッシュでFIA 世界耐久選手権(WEC) 2018-2019年スーパーシーズンを締めくくった。

ほぼノートラブルで1-2体制で走行していたトヨタだったが、残り1時間のところでトラブルが発生。

トップを走行していた7号車のタイヤが立て続けにパンクするトラブルが発生。2分のアドバンテージを失い、8号車に首位の座を明け渡すことになった。

トップでチェッカーを受けたのは中嶋一貴がドライブするトヨタ8号車。トヨタ8号車は昨年に続きル・マン24時間レースを連覇。ドライバーズタイトルを獲得し、今季限りでチームを離れることが決定している元F1ワールドチャンピオンのフェルナンド・アロンソがWECタイトルを手にした。中嶋一貴は日本人として初めてのワールドタイトルとなる。

大部分でトップを走行していた7号車にとっては悔しい2位表彰台となった。3位にはSMPレーシングの11号車(ヴィタリー・ペトロフ/ミカエル・アレシン/ストフェル・バンドーン)が続いた。

関連:2019年 ル・マン24時間レース | 無料Webライブ配信

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ル・マン24時間レース