マクラーレンのランド・ノリス 「ハースF1チームと戦う心構えをしておく必要がある」
マクラーレンのランド・ノリスは、2022年のF1世界選手権では昨年の最下位チームであるハースF1チームとレースをする心構えが必要になるかもしれないと語る。

マクラーレンは、2021年のF1世界選手権のいくつかのレースを最前線で戦った。F1イタリアGPでは、ダニエル・リカルドが勝ち、ノリスも2位で続いて1-2フィニッシュを達成。F1ロシアGPではレース終盤に雨に見舞われるまでノリスが優勝候補だった。

対照的に、ハースF1チームは、2021年マシンを開発を行わずに後方での走行を強いられ、大部分でレースで周回遅れにされた。通常、表彰台フィニッシャーたちと同じラップでレースを終えるには、終盤にセーフティカーが必要だった。

しかし、フィールドを引き締めようとするF1の試みで、2022年にレギュレーションが大幅に変更されたことにより、まったく新しい車の生み出された。これにより、ハースF1チームはミッドフィールドで戦うために大きなゲインをもたらすチャンスを得た。

F1プレシーズンテストでは、F1の狙いが目的を果たした可能性が示されたが、マクラーレンは、F1バーレーンテストでMCL36にブレーキの問題が発生し、期待していた3日間にはならなかった。

2022年シーズンのミッドフィールドはタイトになると予想されており、ランド・ノリスはケビン・マグヌッセンとミック・シューマッハとホイール・トゥ・ホイールで戦うことになっても驚かないだろう。

昨年はハースF1チームとレースをするよりも周回遅れとして処理することが多かったマクラーレンだが、ランド・ノリスは今シーズンは逆のシナリオになる可能性させあると考えている。

「今はレッドブル、フェラーリ、メルセデスの3つのチームが最も速そうだし、僕たちからハースまで、他のすべてのチームはかなり拮抗しているように思う」とランド・ノリスは記者団に語った。

「ハースでさえ非常に速そうだ。昨年、彼らがどれくらい遅れていたかを考えれば驚きだったし、彼らがこれまでに成し遂げたように見える進歩を見て感銘を受けた」

「僕たちでさえ、彼らとレースをしたり、予選を戦う心構えをしておく必要があると思うし、今週見てみるつもりだ」

ランド・ノリスは、ダニエル・リカルドが新型コロナウイルスに感染して隔離されたため、3日間連続で走行したという意味で、F1バーレーンテストで間違いなく最も忙しいドライバーだった。ただし、合計199周は半分の時間しかマシン乗っていないメルセデスF1のジョージ・ラッセルよりわずか2周多かいだけだった。

「まあまあだったし、もっとうまくやれたかもしれない。間違いなく、最もスムーズなテストではなかった。問題が望んでいた周回数を走ることを難しくした」とランド・ノリスは語った。

「1周~2周の走行はできたので、新品でフレッシュなときのタイヤは理解している。でも、燃料を積んだ状態で古くなってきたタイヤをテストする機会がなかったので、僕たちはあまり理解していない」

「悪くはなかったけど、今週焦点を合わせなければならない他のチームと比較して、僕たちは多くのエリアで遅れをとっている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン / ハース